QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2009年04月03日

天空の宴食

 昔、山形の夜景スポットと言えば「西蔵王のテレビ塔」と相場が決まっていました。免許を取って始めてのナイトドライブもここでした。

そこから見下ろす山形市の夜景は、100万ドルの夜景とまでは行かなくても、100ドルの夜景ぐらいの価値はありました。
それでも、なんと山形は明かりの少ない街なのかと眺めていたものです。

昨夜、R社OB、OGの「励まし合い会」がありました。傷の舐め合いという訳ではないのでしょうが、意味がイマイチわかりませんが、とにかく懐かしい面々で一献傾けようというR社らしい宴席です。

参加者は私の同期の現キリンビール山形支店長・天造豊彦君、そして先の上山市長選で惜しくも敗れた先輩の門馬徹氏です。むさ苦しい男衆の中に、本当は二人の華が加わるはずでした。

1人は、去る2月13日(金)に交通事故で他界した弊社の星川里織さん、そしてもう1人は、吉村美栄子県知事です。二人ともR社のOGです。吉村知事からは丁寧な欠席状を頂戴しての宴会が始まりました。
なんと、吉村知事は門馬氏はR社同期と聞いてまたまたビックリ。

その会場は、霞城セントラル24階の紅花樓という中華レストランです。展望レストランと言うだけあって、その夜景のすばらしいこと。
西蔵王のテレビ塔とは反対側からの眺めでしたが、三十数年前は100ドル程度の夜景でしたが、今はどうしてどうして、少なく見積もっても1万ドルの夜景程度には相場が上がっている感じです。

こちらのお店、味も本場の味を凌駕するほどで、しかもとってもリーズナブルな山形相場。この値段なら、夜景代分は載っていないようです・・・・。

東京出張の度に「山形の夜は暗いよな~」とぼやいていましたが、これだけの輝きがあるなんて正直、驚きでした。同じフロアにあるダイニングバー・グルームを覗いてみましたが、こちらもオシャレでした。どうしてどうして山形のアーバンアダルト文化も大したものです。でもガラガラでしたが・・・。もったいないですね。こんなステキな夜景のつまみがあるのに。

「遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。
満天の星をいただく、はてしない光の海をゆたかに流れゆく風に心を開けば、きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。」


懐かしいですね。城達也のナレーションが心に響いた日本航空提供「ジェットストリーム」の一節です。
こんなイメージで夜景をつまみにドライマティーニなんて、最高だと思いませんか?

いやはや、昨夜はちょっとオシャレになった山形の魅力を再認識した驚きの一晩でした。


奥のガラスの外は、まさに圧巻の夜景。(紅花樓HPより)




              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp  


Posted by バリューの親方 at 15:30