QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2009年04月16日

ペット対応・・・。

 ウチは息子が一人なので、弟代わりに5年前チワワを飼い始めました。
子供の頃、秋田犬を飼ってはいましたが、お座敷犬は初めてです。一昔前のように犬は犬、人間様は人間様といった具合に、犬は人間様の食べ残しを食べていた頃とは、随分と様変わりしています。

私どもでも、家族の一員として共生するペットのために行うリフォーム賃貸住宅、さらにはペットを飼えないアパートから新築住宅を計画するときのアドバイスまで行おうと、今期から始めたペット共生住宅事業ですが、いったいペットの業界はどうなっているのか、3日間に渡って関東方面を行脚してきました。

まずはサービス業の最先端、ペット可ホテル・旅館です。
こちらは、古くなった施設に何とか新規の客を呼び込もうという戦術です。これは、ペット可アパートと同じ戦術と言うことになります。

しかし、ただの「ペット可」「ペットと泊まれるホテル・旅館」「ペット共生アパート」はまったくの別物であることが分かりました。

「ペット可」は本当は汚したり、臭いが付くから入れたくないのだけど、しかたがないから特別にOKにしてあげる。といった感じですが、相対する方は、ペットは粗相をして当たり前、吼えて当たり前、そしたらこれで拭いてくださいと各所に雑巾や消臭剤を置いたり、玄関には足を洗う水場を設けたりしています。
少々吼えても部屋もレストランも防音性能を高めてペットを同室に入れ、いつも一緒に居させてくれます。


がんじがらめに禁止事項を声高に押し付ける「ペット可」とは、似て非なるもののようです。
色々と問題のあることが予測されるなら、これをお客様の代りに回避してあげる手段を用意しておくことが大切と言うわけです。
これは、全ての商売に通じるところですよね。

ちなみに、ペットはウェルカムで有名になった「那須ガーデンアウトレット」はどこもかしこもペット連れ、もちろん一番流行っているのはペット用品店でした。
さらにこちらはペットとともに食事の出来るドッグカフェや運動場であるドックランまで設置されているペット愛好者のためのショッピングセンターのようです。
施設そのものが、徹底してペット対応施設であることが分かります。

各店舗も対応はそれぞれで、店の前に「ペット不可」「抱っこしてならOK」「リードをつければ自由にOK」など3段階に分かれていました。店舗内のスタッフもペットへフレンドリーで慣れています。よく観察すると、血統書つきで躾がしっかりした高級犬種が多く、さすがはブランド品のアウトレットの客層を現していますね。
アフガンハウンドがよくお似合いのアウトレットでした。

ところで、この「ペット」とはどうも猫や鳥ではなく、あくまでも犬を指すのが一般的のようです。さすがに、どこの施設に行っても猫を連れてきている人は皆無でした。
さて、さて弊社のペット共生住宅事業はどうなりますか・・・・。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp  


Posted by バリューの親方 at 14:58