QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2009年08月19日

今や全国が名産地

 「○○の名産地」と言われるような特産品は、各県各市町村には数多くあります。もちろん、気候風土の関係でそこでしか生産できない、あるいは捕獲できないようなものと様々です。

 私の専攻は農業経済学です。どちらかというとマルクス系マクロ経済に属するものでしたが、それよりも農業系実学の方が好きで、今は当たり前になってしまった感のある「農業の多角的ビジネス化」などをテーマにしていました。

 ある日、とても寿司好きのアメリカ人に会う機会があり「本わさびは最高。なかなかロサンジェルスの寿司バーでは食せない」と言っていました。もちろん30年も前の話ですから、太平洋線の便数も少なく、高い航空運賃を掛けても鮮度の高い本わさびをアメリカの日本食料理屋まで運ぶのは容易ではない頃のお話です。

 そこで、農大の研究室にいた友人に、アメリカでは本わさびの栽培は不可能なのかと聞いた事がありました。

 そして、彼曰く「空気と水が綺麗な所なら、どこでも栽培できるわけではなく、長野や静岡の限られた水系のみで栽培が可能であり、地下鉱脈などの分泌成分なども影響を与えている。わさびの栽培に適しているところは、金鉱脈が近くに眠るとも言われている」との話でした。

さらに、アメリカ大陸でもこの条件に合致する水系があり、ロッキー山脈の何がしと言う村を流れる水系がピッタリだと聞きました。

それだけ、産地が限られていて貴重品だったのです。
ところが、先日、新庄の業者仲間が、お土産と称して「本わさび」を持ってきてくれました。

「静岡にでも出張した帰りかい?」と聞くと「これは県内の大蔵村で生産されているんだ」とのことに、ビックリ!!
さらに、生産者は農家ではなく、建設会社が補助金をもらって転業して始めたものだと聞いて二度ビックリ!!

いろいろ聞いてみたら、東根市の羽入でも生産しているというから三度ビックリ!!
なんだい、静岡や長野だけじゃなく、結局どこでも生産できちゃうのかい・・・・。

と言うことは、大蔵村も東根市の羽入も金鉱脈が近くに眠ってるって事????
その話は、置いといて、そのツーンとする何ともいえないカラミは本場モンに勝るとも劣らない秀作でした。

何を聞き違えたのか、少なくてもいいから極上の刺身をと頼んでおいたのに、家内が買ってきていたのはイカやタコに赤味といった庶民的な刺身だったのが、残念。



なかなかどうして、立派なモンでしょ






              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp
  


Posted by バリューの親方 at 02:00