QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2009年10月05日

空きまま賃貸に追い風

 10月1日からいろいろな特別法や緊急事業が始まりました。
その中に「住宅手当緊急特別措置事業」というのがあります。

これは、厳しい社会状況の中で、雇用と住宅という生活基盤を同時に喪失し、深刻な状況に置かれている方々を救済しようと言うもので、ハローワークで相談しながら、自治体の住宅手当相談窓口にて申請を行い、承認されれば、これから住もうとするアパートなどの家賃や礼金、敷金などを面倒見ようという制度です。

ちなみに、天童、東根あたりでは独身者が月額28,000円、家族持ちが37,000円、山形市ではちょっと多くてそれぞれ31,000円と40,000円支給されます。
はたして、これで家賃を賄えるかどうかは問題がありますが、救済には十分意味のあるものではないかと思います。

 ただ、支給は最長でも六ヶ月ということですから、それでも職が見つからない時は、どうやって家賃を払うのかが問題ですし、滞納にでもなれば、貸主とのトラブルも多発することになります。たぶん、貸主はこれを嫌って保証人などを求めるでしょうから、保証会社は大忙しになるのではないでしょうか。

天童市は、空きままの賃貸が多くあります。
アパートが飽和状態にあることに加えて、派遣社員向けの一括借り上げアパートが、一気に空いたことに起因します。
もちろん、新しいアパートなどは、満室と言う二極分化も否めません。

貸主だけのみならず、天童市の山本市長も、これには頭を悩ましておられるようでした。
ただ、今回の住宅手当緊急特別措置事業は、貸主にとって確かにリスクも伴うかもしれませんが、ある意味では千載一遇の追い風です。

古くなって空きままになっているアパートに、公的なひも付きの借主が半年でも入ってくれれば、家賃は稼げます。貸間は借りてもらってなんぼの世界です。空気に住まわせておくぐらいなら、いくらでも住んでもらった方が得です。ましてや短期で礼金、敷金がもらえ、さらには公の保証つきとくれば、ありがたい限りでしょう。

なんでもかんでも、公がすることを「手間ばかりかかって・・・」なんて愚痴ばかり言ってないで、見方を変えれば大きなチャンスだってことも見落とせないですね。




              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp
  


Posted by バリューの親方 at 19:27