QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年11月15日

ふじやま

 外人が富士山のことをこう呼びます。日本人はちゃんと「ふじさん」と言います。
ある日本人が、わざわざこれを「ふじやま」として世に放ったものがあります。

時は1964年。日本が東京オリンピック開催で、戦後の復興を世界にアピールした年です。
「ふじやま丸」。すべて国産品を使い、日本最大長72フィート(23m)の超大型ヨットが進水しました。母港は東京オリンピック・ヨット競技会場の江ノ島です。

「どうだ!!敗戦した日本人だって、こんぐらいのヨットを持てるようになったんだぞ!!」と世界へ向けての無言のアピールだったのでしょう。故に「ふじさん丸」ではなく外人受けする「ふじやま丸」としたのでしょう。もちろん日本一という意味合いを持っていたのは言うまでもありません。
当時は「海の女王」と称えられました。
ただ、処女航海の故郷凱旋を飾った西宮で、台風と遭遇し、大破というオチがつくのですが・・・。

その「ふじやま丸」オーナーキャプテンこそ、故人となられた森繁久彌先輩です。
最新の早稲田大学ヨット部OB名簿の一番最初に記されているのが、この森繁先輩で、昭和12年商学部卒と記されていますが、確か軍事教練に抗議して中退されたと聞きました。

森繁先輩は、大学からヨットを始めたわけではありません。旧制北野中学(大阪)のヨット部出身と言いますから、潮気たっぷりでバリバリのたたき上げセーラーというわけです。

この愛すべき助平なオールドソルト(潮気たっぷりのベテランセーラー)、凄いのは70歳を超えてから、現在の愛艇「メイキッスⅢ」を操って、日本一周クルージングを成し遂げたということです。本当に海大好き人間なんですね。
船に関する著書もあり「アッパさん船長」などは、海の素晴らしさを大いに表現されています。

相模湾にある佐島マリーナも森繁先輩が中心となって作ったと聞きました。そういえば、その中のレストランの名前が「メイキッス」だったような記憶があります。
私は、件の「ふじやま丸」を見たことがあるような気がしてならないのです。
あれは確か、熱海後楽園という施設に鎮座して飾られていたような・・・。

いつか私もあんな風に年を取り、「オールドソルト」になりたいものです。
もちろん「助平な」という修飾詞は願い下げですが・・・。


時代を感じさせる写真ですが、大っきいでしょ。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp
  


Posted by バリューの親方 at 10:45