QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2009年11月24日

湯たんぽ

 一時、「死語辞典」に載っていたこの原始的暖房システムは、ちょいと前からエコと言う大名目に乗って復活してきました。それも樹脂系のビビットな色合いやオシャレな袋付きというものまで随分と沢山の種類があります。

会社の飲み会などでは、オヤジ達が昔話をするときに、いつも話題になっていたこういう系のグッズは、今や若者の間でも十分通用するグッズ名となっています。「湯たんぽ」がですよ・・・。「昭和っぽ~い!!」等と言われながら。

さて、その湯たんぽについての注意CMをやっていました。
見てビックリです。
「ガスコンロで湯たんぽを暖める場合は、爆発の恐れがあるので、必ず安全フタを取ってからにしてください」というものでした。確かに金属製のものなら、ガスコンロにかけても大丈夫でしょうが、だいたいにして、湯たんぽは、寝る前にやかんのお湯を入れるのが本道でしょ・・・。

さらにそのお湯は翌朝の洗い物に使うのが、生活の知恵ってモンです。
それはいいとして、直火にかけるなんて・・・。

そしてホームセンターのチラシを見てもっとビックリ。
そこには「IH対応湯たんぽ・電磁調理器で暖められます。1,480円」と記されていました。
時代も変われば変わるものですね。

ところで、マメタンを使用した「あんか」復活の話は聞こえてきませんね。
そうか、全部道路が舗装されて、翌朝あの燃えカスを捨てる水溜りが無くなったからですね・・・。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp

  


Posted by バリューの親方 at 02:38