QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2010年06月03日

境界

 私どもは土地を扱うので、隣地との境界には神経を使います。境界は地面に線が引かれているわけではなく、境界杭などの延長線上が境界線となります。
境界の確定は、土地家屋調査士が測量の上、境界が接する全ての地権者の承諾があって、初めて境界が正当なものになります。

さてさて、杭の打てない水面、特に海面はどうでしょう。これは、緯度経度で表すしか方法がありません。あるいは、○○岬の西端から、磁石で270度方向へ延長した線上などという表現になります。

でも、こないだヨットで酒田港を出航し、防波堤を大きく迂回して最上川河口沖を横断中、不思議なものを目にしました。最上川の川の流れが、日本海に注いでいるのですが、その最上川の水流の勢いが強く、海がツートーンに色分けされていたのです。

よく、潮の流れがぶつかり合って「潮目」という境目を目にすることはありますが、真水と海水がぶつかり合い、しかも色が混じることなく、ここまでくっきりと分けれているのは珍しいです。
この水の交わりを見ていて「荘子」の名文を思い出しました。
「君子の交わり淡きこと水の如し」

最上川の旅の終焉と終焉を迎えても未だ勢いを衰えさせない力強さを感じますね。
この最上川、この辺の内陸部を流れているうちは、そんなに力強さは感じないのですが、ここから海へ向かっての高低差エネルギーは、かくも勢いのあるもんなんですね。
自然ウォッチングって、結構楽しいんですよ。



真水と海水だから、なかなか交じり合わないんですね。これ、結構沖の方なんですよ。


もちろん泥色しているのが最上川の水流です・・・。水平線に見えているのは湯の浜や加茂です。






              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp
  


Posted by バリューの親方 at 00:50