QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2011年03月08日

親方日の丸への連帯保証

私どもは家を作る仕事をしていますから、毎日のように住宅ローンと向き合っています。
連帯保証人をつけるなんていうのは当たり前ですが、この連帯保証人というのは債務者と一心同体です。

ある意味で債務者そのものと言っても過言ではないぐらいの債務を負わねばなりません。
よって、よほどの近親者でなければ頼めないのが普通です。

ましてや、明らかに債務超過を起こしている人の保証人になるような人は居ないと思います。だって、返済できなくなるのがミエミエなんですから・・・。

でも、私たちは知らぬ間に、債務超過を起こしている企業融資の連帯保証人になってしまっています。
覚えておいででしょうか?亀井法とまで揶揄された亀井静香金融相の強権で発動された緊急保証制度

 これは「潰れそうな会社にも政府が保証するから、危機を脱するまで金を貸してやってくれ 」というものです。政府が保証してくれるのですから、市中の金融機関は、貸出先が潰れようが取りっぱぐれようがお構いなし。損する事はないという仕組みです。ましてや政府系金融機関などは本家本元の主力です。

新聞発表によれば、昨年半年間で、なんと2,000億円が回収不能となったそうです。この頃は、報道管制したのかとんと回収不能額が発表されないみたいです。
でも、爆弾は抱えたままです。

 政府系金融機関を始め、実質的には政府保証と変わらない信用保証協会の保証制度を利用している企業への合計額は、なんと61兆円です。全体の24%と言うから驚きです。
いかに日本の政府は中小企業に優しい?かがよくわかります。

しかも危機後もこの24%という高水準で高止まりしていると聞きます。

同じように中小企業向けに金融支援を行った金融大国アメリカの公的依存度は12%だそうです。アメリカだって日本より大変な経済状況の中ですらです。

経営が生き物である以上に市場はもっとドラスチックに動きます。
企業寿命は30年などと言われますが、これとて倒産や起業という繰り返しの自然な流れで均衡がとられています

これを政府主導で、構造的不振で将来的に後がない「危ない業界の会社」までも潰れないようにしてしまったら、全身麻痺してしまった中国の国営企業の凋落と同じになります。その行く末は、現中国の実態が物語っています。

それよりも何よりも、全体の24%も占める貸し出し総額61兆円の1割が倒産、あるいは回収不能になったら、約6兆円が泡と消えます。それは取りも直さず我々の税金から払われます
そうです、これが知らぬ間に、みんな親方日の丸の連帯保証人となっている実態です。

 緊急保証制度で融資を受けている各社の経営者は、苦しい時の政府頼みと思っているでしょうが、国民のお陰と感謝の気持ちを忘れてはなりませんよね。血税を裏切らぬよう頑張んないといけませんね。

あっ、そうそう、うちも偉そうなことは言えないのをコロッと忘れてました・・・。  


Posted by バリューの親方 at 00:10

2011年03月07日

肉食系女子・・・なの?

  私どもも小さいとはいえ、新陳代謝を行う意味でも新卒採用の活動を行っています。
でも、まだメガネにかなう学生さんと会えていません。
と書くとカッチョいいのですが、数人しか会えていないんです。来てくれないと言う表現の方が正しいのかもしれません。

先日、ビッツグウィングで行われた新卒会社説明会でも寂しいものがありました。最初は学生さんなど素通りするばかりで、もう帰ろうかと思いました。
でも、ありがたいことに4人来てくれて、大量の学生と分刻みで面談する「ぼんちあられ」を横目に、じ~っくりお話しすることができました。

 さて、昨年の新卒入社組みも早一年が経とうとしていますが、その新人たちから取った意識調査データが出ていました。
注目は、会社内での自らの将来像です。

昨今、草食系男子が増えた一方、肉食系女子も台頭してきています。
昔の女子のリクルートスーツは紺のジャケットに白のブラウス、そして紺のスカートがお約束でした。

この頃は、スカートよりもパンツ姿の女子が目立ちます。大股でデシデシと歩き回ります。昔の女性用スラックスと違って、フィット性もよくスマートで機敏にすら見えます。
きっとこういう子は、会社に入っても男子顔負けのキャリアウーマン(古っ!!)になるんだろうな~などと想像してしまいます。
「キミっ!!何度言えばわかるの?やる気がないなら会社に来なくてもいいのよ!!」とかって言っちゃうんだろうな~。

さてさて、その意識調査の結果です。
現在の仕事への満足度は女子で69%男子で65%です。僅差ですが女子の方が活き活き仕事をしている様子が伝わってきますね。

それでは、管理職として、課長以上を望むかの質問に、男子は約90%が望む。肉食系台頭の注目の女子は・・・・、なんと約40%。つまり60%が出世を望まないと回答しました。でも20%は課長どころか部長になりたいと答えていますから、分析の難しいところではあります。

ちなみに男子の約40%は社長になりたいと答えていますので、小僧たちもあながち草食系などとばかりは言えないみたいですね。


各社ブースでもポツポツと学生が面談を待ち始めました。


会社によっては、こんなに学生が面接を待っています。後ろのおじさんは別です。


寂しいじゃありませんか・・・・。でもこのあと4人来てくれました。  


Posted by バリューの親方 at 08:56

2011年03月06日

桃太郎だけじゃなかった

 先日、岡山へ出仕事に行ってきました。
岡山は三度です。
初回が凄かった。前職のR社勤務の頃、社長の江副さんが日本で一番大きなヨットを造ると言うことになり、社内側のプロジェクト担当でした。大きいそのヨットは「翔鴎」と書いて「カモメ翔ぶ」と読ませました。

多くの著名人を招いて進水式をする事になっていましたが、完成が危ぶまれ始めました。工程が遅れているのでした。秘書室から電話があり、江副さんが長谷山が直々に行って、造船を手伝って来いということでした。ハア~、なんで・・・。

その三日後、1週間の予定で現場入りして職人の下働きです。それが岡山と香川の間に浮かぶ小豆島でした。二十四の瞳でも有名ですよね。その小豆島へフェリーで渡るために、岡山初上陸だったんです。

二度目は岡山にFC本部のある住宅会社で加盟研修。その時は3泊4日でしたから、研修が終わってから、興味のあった竹久夢二の生家や美術館を訪ねたりと公私共に充実していました。

三度目は、今回。
ショールームを新たに併設することになり、その先進会社を見せていただくためです。
夜半遅く到着した岡山でしたが、深夜ふと目を覚まし、もう一度「夢二郷土美術館」を見たいという衝動を抑えられず、集合の10時半までの間、美術館に行きました。
早起きして美術館へ行き、8時半から9時の開館までじっと門前で待ち、一番乗りでの入館でした。

あれ?前回来た時と展示の絵画が変わっています。えっ、記憶違い??
受付へ戻って聞いてみてビックリ。季節や企画に合わせて展示変えをしているのだそうで、その作品や資料の所蔵数は2,500点を超えているとのこと。
開館をお手伝いした相馬樓の竹久夢二美術館も大したものですが、さすがは本家本元、圧倒的と言うより他ありません

 夢二の代表的な肉筆が、ほんの50センチ先で見れるのは、感激です。
画録で見ると小さい作品だと思っていたものが、等身大だったり、大きな作品だと思っていたものが、ハガキサイズだったりと、ホンモノを見る楽しみは尽きません。
ルーブル美術館に行った時と同じく、電気が走るような衝撃を受けました。

今回の企画展は、中国の南画の巨匠、范曽の特別公開でした。特に屈源の離騒白居易の長恨歌などの名場面を絵画化したものでした。正に范曽の益荒男ぶり夢二の手弱女のコラボレーションと言えます。その共通点は、詩情です。

 夢二には自らの絵に自らの筆で漢詩をしたためた作品が数多くあります。
それは絵を描いた後に、その情景にピッタリの漢詩をあてたもので、その教養の高さがうかがえます。

さらに、漢詩の原文の一文字を、自ら創作した文字に書き換えるという恐れを知らない文才まで披露しています。(夢二のことですから、単純に文字の間違いではないと思います・・・たぶん)
夢二の前に夢二なく、夢二のあとに夢二なしと謳われた叙情の鬼才であることがまたまたよくわかりました。

名残りは惜しけれど、次は仕事・・・。タクシーで取って返して岡山駅へ。待ち合わせ5分前に到着。駆け出そうと思ったら、またもやイイものが・・・
駅前のブロンズ像です。その碑文がまたいい。
どうしてどうして、岡山は桃太郎だけじゃありませんよ!!


高き志を抱いて進む、旧制高校の学生像でしょうか。益荒男ぶりがいいですね。


いい詩ですね~。むくむくと元気が湧いてきそうです。なんだか尾崎士郎原作の人生劇場の一節に出てきそうですね。  


Posted by バリューの親方 at 15:49

2011年03月05日

お初

 先日、出張で初体験しました。
どおってことない初体験なのでしょうが、いつでも乗れそうで乗れない。身近なんだけどちょっと敷居が高い。「あがすけたげでる」と見られるものチョット・・・。

 それが新幹線のグリーン車。昔風に言えば一等車です。
天童駅に滑り込んで来る上り新幹線の先頭車両です。いつも興味深く乗客を、ホーム側から観察することにしています。

あの人は何の商売をやっている人なんだろう?あのご夫婦はフルムーンかな?あの女性は社長さん?などなど、想像を掻き立ててくれます。

 新幹線を単なる移動の手段ととるか、休息の空間ととるかの違いかもしれませんが、私はあまりそういうことに執着がないので、車や列車、飛行機は単なる移動の手段と捉えていますし、ホテルは夜の雨露をしのぐ仮住まい程度に捉えていますので、それ自体に余計なお金は掛けたくない主義です。

 某有名商社の部長をしているヨット部時代の同期がいます。
彼は常に出張時は、いつもビジネスクラスだそうです。
「このご時世、経費削減で、エコノミークラスを使えと会社に言われないのか?」との質問に「わざわざ海外に商売しに行くのだから、ビジネスクラスに乗れるぐらいの仕事をすべきだろう」との答えでした。なるほどごもっとも、それも一理あるな・・・。

 主義主張が違えども、タダでアップグレードしてくれるんなら話は別です。
昨年JRのクレジットカードでポイントが貯まったこともあり、グリーン車へのアップグレードチケットをもらったのを、キップを買う段になって思い出しました。

執着のない私は、そのチケットをもらったことすら忘れていて、その有効期限が3月末までであることもその時知りました。「これって、まだ使えます?」とおそるおそる差出したら、ラッキーなことに、初体験のグリーン車にアップグレードできました。

東京駅では、グリーン車らしいビールグリーン車らしい駅弁を奮発し、さっそく乗車です。窓に映る自分を見て、私自身がグリーン車らしからぬ風体だと言うことに気がつきました。

乗客はたったの4人。これってムダだよな~・・・、普通車は満席でデッキに立ってる人もいるのに・・・。
しかも不思議なことに3人は福島と郡山で下車。なんでつばさに乗る必要があったの?東北新幹線も後ろに連結されているのに・・・。普通車でも、よくこの光景は目にしますが、いつも不思議でしょうがないんです。

 例によって乗客を観察しました。女性客はあきらかに女性実業家で洋服のお店の経営者だと思われます。男性客は上々企業の重役、残りの一人は悠々自適に老後を楽しむ金持ち老紳士ってとこです。

 奥羽本線に入ったら貸切です。私だけのためにワゴンサービスがやって来ます。申し訳ないので、その度に買い物をします。いつもの3倍ぐらい買い物をし、かえって高くついた感じです。

初体験の正直な感想は・・・
「なんだ、こんなもんか・・・」でした。
飛行機のビジネスクラスにアップグレードしてもらった時ほどの感激はありませんでした。

やっぱ、どうせならはやぶさグランクラスがいいな~、国会議員パスも適用外のグランクラスは、グリーン車の上、昔風に言うなら特等車です。
いつもでなくていいから、せめて一度だけ・・・、出張旅費で・・・。


奥羽本線に入ったらご覧の通り、貸切・・・。



こんなもんか・・・と思いつつも、明らかにご満悦の表情ですね・・・。
  


Posted by バリューの親方 at 17:09

2011年03月02日

迷惑千万

 大々的に報道されている「住宅ローン詐欺」ですが、地元の「ろうきん」さんです。
もちろん私どももお取引はありますし、宅建協会のローンなども手がけてくれています。支店長も融資担当もよく存じています。

文書を偽造した完全な詐欺ですから、お気の毒としか言いようがありません。
住宅ローンの審査は、基本的には書類審査です。あとは、金融機関や保証協会などのデータで消費者ローンなどの借金やクレジット使用の残高、あるいはこれまでの滞納歴などで問題がなければ、OKとなります。本人と面談をして、詳細を根掘り葉掘り聞くなどと言うこともめったにありません。

書類上、あるいは証明書上本人であるか、あるいは本人のものであるかしかチェックしませんし、チェックのしようがありません
昨年、一昨年と同様の詐欺が、政府系の金融機関での住宅ローン、フラット35で頻発し、非常に審査が厳しくなったことがありました。他山の火事とみるか、自らの予防策を講じるかが分かれ道だった気がします。それを考えるとまんまと騙された「ろうきん」さんもお気の毒とばかりは言えない気もします。

それにしても今回の手口は実に巧妙です。
住宅ローンの審査過程を熟知している者が入れ知恵したか、あるいは裏で糸を引いているような気がします。ただの悪知恵が働く知能犯だけでは、この詐欺は難しいと思います。

特にろうきんは労働金庫ですから、本来「組合系の金融機関」です。
労働組合(組合とまではいかずとも従業員グループや小組織でもいい)のある地場中堅企業の従業員と偽れば、審査も甘くなるというのも致し方ないところかもしれません。

ただ困るのは、こういうことがあると一般の住宅ローンを申し込むお客様がとばっちりを食います。
審査が一気に厳しくなるのです。また審査に時間が掛かるのです。
その結果、今までなら普通に住宅ローン審査が通っていたレベルのお客様が、希望金額を減額されたり、保証人を余計に付けさせられたり、はたまた最悪の場合は、融資拒絶なんていうことにもなりかねません。

さらに、融資の審査に時間が掛かれば、融資がOKになったら契約を有効にすると言う不動産独特の契約形態である「期限あり・停止条件つき売買契約」で買約していた土地なども、無効になるか再契約が必要になってしまいます。

本当に迷惑な事件です。
何よりも迷惑だったのは、請け負った建築会社でしょう。
ただ、建築会社の場合、請負金額の着工時に三分の一、上棟時に三分の一を受領しているのでしょうから、丸々の損はないとは思いますが、未完成物件でもありますし、ろうきんさんの抵当権も設定されていないでしょうから、今後の話は複雑です。

全国で最も持ち家住宅の落ち込みの大きい山形県。奇習年間三隣亡も明け、これからと言うときに全くもって残念な話ですね。
  


Posted by バリューの親方 at 04:24

2011年03月01日

覗き見

 往々にして、覗き見という言葉の響きは、淫靡と不法の臭いがプンプンします。
昨日話題になった「携帯カンニング」ですが、想定外などと媒体の見出しも躍っていました。

本当に想定外だったのでしょうか。正しくは「自分たちの限定すべき常識内では想定外」と言うべきことなのでしょう。

 今や腕時計に仕込まれた超小型CCDカメラやペン型をした無線式送信機、はたまたメガネの弦に巧妙に仕込まれた骨伝導型イヤホンなどなど、昔は特務機関の人間しか縁のなかったようなスパイ道具が当たり前に手に入る時代です。

当然にして、想定され得る事だと思います。あまりに受験を神聖化し過ぎた学校側の怠慢としか思えない気がします。

お隣の受験大国、韓国では似たようなケースが大々的に報道されたのも遠い昔のことではありません。韓国では試験場に入るゲートで、金属探知機を使いボディチェックまでしていると聞きます。

 今回、事件が発覚したのは、かなり偏差値の高い大学でした。
うまく入学に潜り込めたとしても、はたして授業についていけるのかが疑問ですし、各学期の試験は論述式です。それも携帯に全て放り込んで試験を受けると言うつもりなのでしょうか。後先を考えない稚拙な行動だともとれます。

もっとも、日本の大学は受験さえ合格してしまえば、卒業はなんとかなってしまうという不思議なシステム自体にも問題があるようにも思います。

ところで、この変則型無線カンニングですが、当然本人が特定されれば合格は取り消されるのは当然として、刑法に抵触するというのは初耳でした。
大学の試験業務を妨害したと言うことで「偽計業務妨害罪」になる可能性があるとのこと。

 受験合格はボーダーライン上で、1点差で泣き笑いが分かれるほどの熾烈なものです。
今回の事件は、いろいろなものを犠牲にして受験勉強をしてきた一般の受験生の努力を冒涜するものです。
身内の怠慢な恥を公表するようなものでしょうが、大学側には被害届けを出し、徹底した部内調査と厳正な対応、そして再発防止策を講じていただきたいものですね。  


Posted by バリューの親方 at 14:30