QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2011年07月15日

五輪の経済効果

 お隣の韓国では、2018年に平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピックの開催が決まりましたね。

ちゃっかり経済効果は、5兆円とそろばん勘定しているそうです。長野オリンピックでは約4兆7000億円とのことでしたから、いいところかもしれません。それだけに留まらず、韓国ではこの五輪を土台に、23万人の雇用創造効果も見込んでいるそうです。

すごい経済効果ですね。
でも2016年の夏季オリンピックに立候補した当時の東京都は、約3兆円の経済効果と弱含みのそろばん勘定だったそうですが・・・・。

 それはそうと、2016年に招致合戦に敗れた東京都ですが、石原知事はリベンジで2020年の招致を検討しているとのこと。
震災で世界中からお世話になった御礼に、復興した日本をお見せするという主張らしいですが、なんかうまく震災の尻馬に乗って、ちゃっかり東京へ招致しようと言う魂胆が見え隠れしますね。

石原知事も、一部競技を東北で・・・などと言っていますが、それは招致の為の詭弁にも聞こえます。だって、これだけの経済効果を東京が独り占めできるんですから。

私も、お世話になった世界の皆様に、10年かかって復興した不死鳥のようなニッポンを見ていただく。それが最大のご恩返しというのには、諸手を挙げて賛成です。

 でも、それは東京五輪ではなく、東北五輪、いやいや被災もほとんどなく、複数の被災地と県境を接する山形五輪であるべきだと思います。本当は宮城仙台五輪と言いたいところですが、復興に関わる資金で手一杯でしょう。
そこで、山形五輪です。どうです?大きく出たでしょう・・・。

一部の種目は、福島、宮城、岩手、青森、そしてオマケで秋田でも開催するというのであれば、各県の負担も少なく、世界中に復興と報恩をアピールできるのではないかと思います。
5兆円の経済効果として、山形2兆円、福島、宮城、岩手、青森、秋田の合計で3兆円ならいい分配ではありませんか?その他に万人単位の雇用創造です・・・。

山形で2兆円・・・、どうしよう・・・。
まあ、こういうそろばん勘定を「取らぬ狸の皮算用」と言うのでしょうけどね・・・。

  


Posted by バリューの親方 at 06:00