QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2011年07月18日

奇跡

 奇跡偶然とは似て非なるものだと思います。
今朝の「なでしこジャパン」の優勝は、凄かったですね。

これまでも、奇跡的に勝利を収め、決勝戦に進みました。しかも相手はこれまで練習試合ですら一度も勝った事のないアメリカチームです。
サッカーなんて普段は見向きもしない私でしたが、いやはや久しぶりに手に汗を握りました。アッパレでした。

でも、今日の試合を見て思ったことは、奇跡は起きるものではなく起こすものだと言うことです。地道な練習、そして計算、読み、気力、体力、知力、相手方と全ての条件が揃ってこその奇跡です。しかし、この内の相手方を除いては、全てが自らの、能動的な努力以外の何物でもありません。

チャンスは世の中、沢山転がっています。でも、それがチャンスだと分からない人は、このチャンスをものにすることはできません。でも、準備を整えてチャンスを待っている人には、それが奇跡にもなれば、快挙にもなります。

でも、偶然は努力しない人の元へも転がり込むことはあります。でも、それは繰り返される事は稀だと思いますし、もしそうなったとしてもそれは偶然が偶然を成せるワザ以外の何物でもありません。

奇跡を起こす、あるいはチャンスをものにする秘訣は「どんなことがあっても、最後の最後まで諦めないこと」という基本ながら大切なことを朝一番で復習させてもらった気がします。

 それにしてもこの「なでしこ」、大和撫子と比喩されるように、野辺に咲けども、凛として気品高く、奥ゆかしい日本女性を象徴した言葉ですが、今回の「なでしこ」は実況のアナウンサーが絶叫したように「踏まれても踏まれてもくじけることなく何度でも立ち上がる、野に咲く雑草のような逞しさ」という表現が、ピッタリのような気がしました。

さてさて、私も暑さに負けず、魔の40棟の壁を準備周到に奇跡を起こさねば。  


Posted by バリューの親方 at 18:57