QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2011年07月21日

逆転の発想

 暑いときこそ温泉にでもつかって、風呂上りのビールってのが旨いですよね。
とは言っても、自宅では衣替えから衣替えの間は、欧米人よろしくシャワーだけの入浴をしています。それもほとんどの・・・・です。

 天童をはじめ、温泉と名の付くところでは、東屋を設けて足湯を設置するというのが「温泉」をアピールする常套手段のようです。
あの足湯、秋口や春先などの観光シーズンには呼び物になりますが、炎天下の夏や吹雪く冬などは、利用している人は稀です。

 もっとも天童市内の「わくわくランド」に設置された足湯など、冬場はホームレスの暖を取る溜まり場となって占領され問題になりました。こういうのは例外としても、金をかけた割には案外利用できるシーズンが限られているように思います。

大阪にある「足湯居酒屋」のようにカウンターの下が足湯になっているような飲食店なら別なのでしょうが、そこまで真剣に足湯に取り組むところも少ないのでしょう。

と、思いきや山形県朝日町の「Asahi自然館」では、この足湯を夏限定バーションとして「冷たい足湯」で開放しています。
山形は逆転の発想の冷やしラーメン冷やしシャンプーの発祥の地、冷やし足湯だってアリでしょう。

そう言えば子供の頃、小川に足を入れてバシャッバシャと、日がな一日遊んでましたもんね。

 私どもも逆転の発想で、完成日やシーズン、天候に左右される屋外のモデルハウス、内覧会を常時開催できるように、店舗の中に2階建てのモデルハウスを建築中なんです。
今月末には完成します。お近くの方は是非、逆転の発想のそのものを見に来て下さい。
  


Posted by バリューの親方 at 06:08