QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2011年07月23日

ローコストとロープライス

 先日、某金融機関のセミナーを聞きにおいでとお誘いを受け、懇親会にまでおよばれしてきました。
講師のお話は、大変勉強になりました。
「大手企業が、こんな手間がかかってしょうもないことは、やってられん」と言って捨ててしまっていることにこそ、大きな隙間が発生し、その苦労もいとわず、勇気を持ってそれを拾い集めていく中小、小、極小企業が生き残れる無風地帯であるということでした。

まさに、私たちが生業としている月々家賃並で建つ「コンパクトハウス」はその典型だと思います。そのかわり、通常のハウスメーカーやハウスビルダーの倍以上の手間隙がかかります。

それも、受注後の建築にではありません。請負契約前の熾烈な競合でもありません。
住宅ローン審査を通過させるためのコンサル業務に手間隙がかかるのです。

それだけ、融資審査突破が難しいお客様がほとんどなのです。
でも、そういうマイホームを諦めているお客様にこそ、資産家になってもらい、お友達やご家族にご主人の「どや顔」を見せられる様にしてあげたい。ただ、それだけです。
これが「秘伝・60日でアパート脱出大作戦」です。

 さて、その後懇親会が始まり、隣に座ったのが個人経営の工務店のオヤジでした。
ほろ酔い加減になった頃、名刺交換をしました。名刺を見た瞬間「へんッ、ローコストの安物屋か、ウチじゃそういうのは絶対にやらない。そんな安物を作っていても客も商売もいいことない」とオヤジは言い放ったのです。

「当社のの建物の仕様は・・・」と材料から仕様までこの酩酊したオヤジにゆっくり、丁寧にお話しました。そして「コンパクトだから値段が安いだけなんです。坪単価に直してみると33万円もかかっています」と締めくくると「それじゃローコストでもなんでもないじゃないか!!それぐらいならウチだってできる」でした。

「ローコストの安物住宅」ではなく「ロープライスのコンパクト住宅」なので、イメージしておられる家とは似て非なるものだと思いますとお伝えしました。
それに応えて「でも、高気密・高断熱住宅じゃないだろう」でした。

「せいぜい中気密・高断熱までです。車で言うなら1000ccクラスの準デラックス車ってとこです。」と言うと「それは、さっきの講師の先生が言ってた隙間の部分の建物だな。ふ~ん・・・、でもウチではそんなの絶対やらない!!」と最後はどう理解していただけたのか・・・。

そう、やられちゃ困るんです。そこは誰も入れない隙間領域・・・。私どもと私どもを必要としてくださるお客様だけの「秘密の聖域」なのですから・・・。

優しく説明する腹の中では「おいおい、オヤジ!!黙って聞いてりゃ何だ?超一流の匠の技もいいけどよ、そんなもん必要としてねぇ若い施主さんのために、家を建てられるかどうかぎりぎりの超難しい住宅ローン案件の一つでも通してみろや!!能書きはそっからだ!!このスットコどっこい!おととい来やがれ!!」と言いたかった・・・。

微笑を絶やさずぐっと言葉を飲み込み、我慢して飲んでいたら、久々に悪酔いしてしまいました。朝が来たのが分からないほど・・・。

  


Posted by バリューの親方 at 06:34