QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2012年05月11日

働く意義

 私は1981年に学窓を巣立ち、社会人になりました。
学生時代はバイトに精を出し、結構な実入りがありましたから、初任給にはあまり興味を示さず、この会社なら自分自身の能力を伸ばせるかもということで、就職口を決めました。

 実際就職してみて、やりがいも感じましたし、夢や希望を叶えられる可能性も見出せました。
ラッキーなことに給与も世間より2割ほど高いようでした。そのかわり、他社へ就職した同期より5倍働くような環境でした。それはそれで、大学の同期仲間より数十歩先を歩んでいるという誇りでもありました。

時代は変わっても、若い社会人は純真無垢で、みんなこのように自己実現を目指しているものだと思ってました。

ところが、最近出た政府白書には驚くべきデータが出ていました。
仕事、収入、老後の年金、景気動向、政治的な不安を訴える割合が多く、十分な収入が得られるか否かが不安と答えた割合が83%

さらに、仕事の目的を尋ねたら、「収入を得るため」が63%、「自分の生活のため」が51%現実的な回答が多く、仕事への期待や自己実現のためという回答は数%から十%台前半で激減している状況です。

確かに、若者の失業率が10%に届かんとしている状況では致し方ないのかもしれません。
入社を誘う文章も最優先に給与額を全面に出さねばならないのでは、中小企業は辛いものがあります。
さらに、入社した若者にやりがい自己実現能力の伸長などを説いても馬耳東風ってとこでしょう。

頑張ればこんだけ給料やるぞと言って、尻をたたかねばならないのでは、マズローの五段階欲求理論の下から数えたほうが早いレベルということです。
夢見るべき若者達をこんなにまでしてしまっている根本的原因を作っているのは・・・・ズバリ、脳タリンの政治家です。と言いたい所ですが・・・

それを選んだ私たち大人です。これは世の中の変化とか政治家の責任と言う前に、私たち自身が猛省しなければなりませんね。





< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます  


Posted by バリューの親方 at 18:10