QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2012年05月31日

競合は何処に

 山形で最もリーズナブルでバリューなコミコミ住宅を提供し、ここで差別化しているとは言え、競合は沢山あります。

それは、他社さんも同じことなので、お客様にお選びいただけるか否かの問題は、結末についてお互いに恨みっこなしというのが、業界常識です。地元では競合する他社さんも姿が見えています。まったく知らない他社さんと競合するということは、ほとんどありません。

ところがです。これからはそうとも言いがたい状況になってきます。
他業界からこの新築、リフォーム業界に参入してきているからです。ヤマダ電機が住宅メーカーの準大手エス・バイ・エルを傘下に収めたことは以前書きました。

 さらに、このヤマダ電機はこのほど、ハウステックホールディングスを傘下に収めました
ハウステックは、元々日立ハウステックと言い、日立のグループ会社で、システムキッチンやユニットばす、便器、給湯器、浄化槽など住宅設備機器を製造販売していました。いわゆる水廻り設備と言われる建築費の中では最も価格がかさむカテゴリーでもあります。

このハウステックの製品は、私どもの建物の定番設備になっています。
価格帯は違うと言え、競合する相手方の傘下の会社から仕入れるとなると、正直言ってあまりいい気はしませんね。

 家電メーカーがテレビでは苦戦しています。これは家電量販店において、地デジ対応テレビの特需が終わったためで、各量販店とも新たな収益源を模索しています。

そこへ降って湧いたのが、原発停止による節電、創エネルギーのブームです。ご丁寧に政府が旗振り役をしています。これではマッチポンプですね。
政府は、スマートハウスという言葉を使い、適合する設備を設置するのであれば、補助金をばら撒く方法をとっています。

 この政策に絡む商品は、ほぼ100%家電製品の範疇です。既存住宅に設置するのなら、新築のうちに設置したほうがやりやすいということで、ヤマダ電機は、新築ハウスメーカーと家電とも相性がいい
住宅設備メーカーを傘下に収めたのでしょう。
今後、虎視眈々と「スマートハウス」市場の総合的なシェアを獲得していくことになるでしょう。

ちなみに今、システムキッチンを一番多く売っている小売店をご存知ですか?
それは家具インテリア量販店家電量販店です。両者とも新築やリフォームとは畑がことなります。元々は、新築すれば、それぞれのお店からは家具や家電が買われてはいましたが・・・。

現在の潮流は、一つ前のステージの購買エリアまでを後工程の業種が入り込んでくるという傾向が強くなってきています。

そう言えば、住宅建築業という業種の私どもも、家を建てる前のステージである土地売買という不動産業設計という建築設計業という業種まで進出していました。

これからは、どこから競合が現れるかわからない世の中ですし、まったく異なる見地からのお客様アプローチも出てくるでしょう。逆に住宅メーカー慣れしたお客様には新鮮かもしれませんね。
私たちは、「住宅はすなわち金融商品」という見地からアプローチしています。




< P R >


頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。

  


Posted by バリューの親方 at 06:02