QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2012年08月16日

鎮魂の日

昨日は、終戦記念日でした。
各所で鎮魂の祈りが捧げられました。

私は恒例の夏のクルージングに出ており、戦没者への黙祷も艇上でかな、と思ってましたが、天候悪化で一日早く引き返してきましたので、陸上での黙祷に間に合いました。
戦争体験者も高齢化し、だんだん先の大戦が風化されつつあると思います。

先の大戦は時として美化され、後世に語られることがありますが、その悲劇だけは、決して風化させてはならないことだと思います。
そして、多くの尊い命の礎の上に、現在の日本が成り立っていることも。

加害者、被害者という言葉が適切なのかどうなのかは別にして、こともあろうにこの鎮魂の日に、パートナーだとばかり思っていた隣国の大統領が無礼千万な爆弾発言するし、挙句は竹島に上陸するし、何を考えているのでしょうか。良識ある一国のトップがすべき行為ではありません。

さらに、政府が後ろで糸を引いて、台湾と香港の活動家が尖閣諸島に強行上陸しました。
敗戦国で戦争放棄を憲法に記した日本とは言え、随分となめられたものです。
またまた近隣諸国のご機嫌伺い、強制送還になって幕引きでしょう。

同じようなことを、日本人が他国の領土に行ったらどうなるでしょうか。
おして知るべしです。下手をすればスパイ容疑で処刑だってあり得る話です。
東日本大震災ではあれだけ世界が手を差し伸べてくれ、そして世界がその日本人の民族性を絶賛しました。

絶賛された誠実で我慢強く、律儀で思いやりのある民族性と、言うべきことは言うという国家対国家の折衝ごとは別物だと思うのです。
戦後、敗戦から復興し、一人前の国になって久しいのですから、そろそろ「NO」と言える日本にならないと、本当にこの日本は、よその国の物になってしまうような気がしてならないのです。







< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。
  


Posted by バリューの親方 at 11:14