QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2012年08月31日

人口減

 どの商売でもそうなのでしょうけど、人口減はビジネス減に直結するケースがほとんどだと思います。

この人口減が満遍なくなのであれば、全国を相手にしている商売は打撃を受けるのでしょうが、限られたエリアのみを相手にしている商売なのであれば、そのエリアの人口減を気にしていれば、いいことになります。

 さらに、減っている人口の年齢層がどこなのかで、影響を受けるビジネスも変わって来ます
私どもが、お相手する山形県の子育てファミリー層は、確かに減じています
これからは益々少ないパイを競合しながら受注しなければならないと言うことです。
ただ、これは大手だろうが中小だろうが、条件は同じです。厳しい時代がすぐそこまでやって来ています。

全国規模では、1年間で26万3700人の人口減だそうです。3月31日時点のカウントですから、昨年分には震災で亡くなられた方々の人数はカウントされえていません。あくまでも自然減です。

 ご当地山形県の県庁所在地である山形市の人口が一気に消え去ったのとほぼ同じ勘定です。
当の山形県は対前年マイナス8、548人で、対前年減率マイナス0.73%ですから、東北6県では決して高いほうではなく、むしろ減数が少ないほうです。

ただ、考えなければならないのは、東京、神奈川を始め人口が多い順の上位9位までで、なんと日本の人口の半数を超えているということです。

さらに首都圏には生産人口がが集中しており、残った県には、高齢者がひしめいている人口分布になっています。
首都圏で稼いでいただいた分で、地方の高齢者の年金を賄ってもらっている構図です。

出生率も格段に低下していることから考えれば、高齢者をターゲットにしている商売以外、今後の大きな展開は望めないようにも思います。

ただ、私どもも、いきなり高齢者向けの新規事業に鞍替えすることも叶わぬことですし、今後はこれまで培った「安く高品質の建物を短期間に建てられる」というノウハウの延長線上で、高齢者に対応するビジネスを考えていかなければならないようですね。

それにしても、このごろの昼間、道路ですれ違う車のドライバーやスーパーへのお買いもの客の高齢者の多いこと多いこと・・・・。
人口構成比率が変わりつつあるのを肌で感じます。









< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。
  


Posted by バリューの親方 at 18:59

2012年08月26日

第二の足

 第二の足と言えば、山形ではさしずめクルマということになるでしょう。
でも、お話は義足のことです。

 実は私、義足や義手が怖くて怖くてしかたのなかった子供の頃の経験があります。
それは、お祭りのとき、お祭り縁日の最終点である神社や公園の入り口には必ず傷痍軍人が戦闘帽に白い傷病服を着て、義手や義足を露にし、アコーディオンやハーモニカで「異国の丘」などを演奏していたからです。子供心に強烈な印象がありました。

 お祭りや縁日の楽しさから、一瞬して恐怖が起こり、目をつぶって、傷痍軍人の前を一気に駆け抜けるというのが常でした。

祖父母が一緒の時には、前に置かれた募金箱に募金するため、近づかねばならず、目をつぶったままずっと祖父母の後ろに隠れていました。
いわゆるトラウマです。大人になった今でもトラウマの片鱗が顔を覗かせることがあります。

でも、この義足や義手、ごろはどうでしょう。
これまでは、何とかそのハンデを人に気づかれないよう実の足に質感、機能ともに似せるよう開発が進んでいます。現在もそうでしょう。
その半面、機能を徹底して追及した義足もあるようです。

パラリンピック出場の陸上選手たちの使用する義足は、機能美すら伝わってきます。
ネットで話題になった義足の女子アスリートのヌードは、鍛え上げられた肉体と流線型の義足が一体となって、何ら違和感を感じませんでした。
さらに、24時間テレビで屋久島の縄文杉トレッキングに参加した女子高生は、その精巧な金属性の義足を隠すことなく短パンで見せていました。

これまでは隠そうとしていた義足が、見せる義足への方向性も出てきていると言うことなのでしょう。
でも、これは義足を使うその人の精神的強さを無視しては成り立たない話でもあります。

私もこれらの一連の画像や映像を見るにつけ、50年来持ち続けていたであろう義足へのトラウマがす~っと消えたような気がしました。

義手、義足を使わざるを得ない方々には、私などには理解し得ない言語に絶する苦悩と不自由があると思います。
でも、義足のデザイナーや開発者が言っています。きっとこれからの世の中、「その義足、かっこいいねぇ。誰のデザイン?どこのブランドなの?」という言葉があたりまえに使われる日が遠からず来ることを期待していると。








< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。
  


Posted by バリューの親方 at 11:13

2012年08月26日

熱狂

 ロンドン五輪やワールドカップの折には、なでしこジャパンでも随分と熱狂した方もおおいのではないでしょうか?
私も今回の五輪決勝では、深夜3時にもかかわらず尾花沢のパブリックビューイングへ駆けつけて熱狂してきました。

 昨日、同じ熱狂戦争あるいは独裁者との因果関係を実証する番組をしていました。
先の大戦や日清、日露の戦いを含めて、すべてその根源にあったものは国民の熱狂であり、それが政治を動かし、独裁者まで作り出してしまった。さらにそれを誘導したのがマスコミだったというものでした。

また、共通の敵を共有することが、ばらばらになった万人の心を一つするマジックであるとも語られていました。
さらに、最後に傷つくのもその国民であるとも。

 何か、お隣界隈のお国の事情と重なって見えてしかたありませんでした。
お隣のお国は、日本が考えているより、根深いものがあると思います。なぜなら、いつでも熱狂できるように、自我が目覚める頃には、徹底して対日の学校教育がなされており、一旦火がつけば、一気に熱狂するようにプログラムされているという現地取材報道番組もありました。

 そんな国相手におっとり刀で、しかも国際法というスタンスで立ち向かおうとは、怖いもの知らずの何者でもありません。
そういう事情を知った上で、対策を建てて欲しいものですね。だいたいにして、これらの問題に関しては、まだまだ国民が熱狂していません。もう少し、国民の理解度を上げることも必要だと思うのです。

 日本人じっと我慢し、おとなしい国民かというとそうでもありません。
実害が起こっている原発問題には、毎週あれだけの国民がデモに集っています。

今回の問題で、韓国大使館や中国大使館へ抗議デモを行った国民はどれぐらいいたのでしょうか。
この辺のことをよくよく考える必要があると思いますね。

 この熱狂という状態ですが、その言葉はどうあれ、ある意味で、震災直後の日本国中の被災地救援は同じような状態だったように思います。
誰もが、その悲しみや辛さを共有し、自らの不自由を不自由ともせず、自らの生活を犠牲にしても救援、支援に物心共に協力しました。

救援に異を唱えるような意見は、あたかも「非国民」同然に言われてましたし、マスコミも、遺体などを映すことなく、徹底して国民支援を誘導しました。

確かに熱狂は、行く先を間違えると国家を破滅させる源となりかねませんが、方向さえ間違えなけれ復興発展や国益護持にも十分活用できると思うのですが、そういう熱狂を導くほどの政治家が出現しないのも問題かもしれませんね。

所得倍増論日本列島改造論の時には、日本国中が熱狂したものなのですが・・・・。





< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。

  


Posted by バリューの親方 at 10:34

2012年08月23日

秘密の個人情報

 こと、現金決済以外の金の使い方に関しては、徹底して監視されているのをご存知ですか?
ことに、ルーズなことをすると、後で大変なシッペ返しが来ます。

 特に、一大決心のマイホームを購入するときの、住宅ローン借入審査の時です。
借り入れの仮審査のとき、その申し込み書類ともう一枚、金融機関がその人の個人情報を見てもいいですよという了解を求める書類に印を押させられます。

この個人信用情報が曲者です。
それは保証協会や金融機関の端末からでも見ることが出来る、その人のこれまでのカードやクレジット、借金の履歴や返済状況などが事細かにデータ化されている情報があるのです。

 これは何も金融機関だけが見ることが出来るものではありません。
自分の個人金融情報、信用情報は、信用情報機関にお金さえ払えば、本人の分は郵送でも取り寄せることができます。

私も自分の分を取り寄せて見てみましたが、よくぞここまでというぐらい事細かに記録が残っていました。

 ルーズなことをせずに、ちゃんと返済義務を履行しているのであれば、問題はないのですが、返済日をついつい忘れてたとか、今月はピンチなので、翌月に・・・・などなど、気安くやってしまいがちな事が後から大事になる危険をはらんでいます。

この頃は、携帯もスマホが圧倒的に多くなり、その本体価格も携帯に比べたら格段に高くなっています。でも、これを通話料と混ぜて、分割払いにしているので、あまり感じないのでしょう。
通信費は別にしても、この本体価格は分割と言うことはクレジットを組んでいるのと同じです。

通信料(携帯代)を滞納と言うことは、同時に請求が来ている本体価格分のクレジットも滞納していると言うことになります。これを2~3ヶ月続けると確実に「事故扱い」となり、大概はブラックリストに載ります。

お金が出来て、後でまとめて払えば・・・・なんて、甘く考えていたら大変です。いくら完済したとしても5年~7年程度は、リストに載ったままです。

 直近の滞納でもなく、これ一つぐらいなら大目に見てくれる金融機関もあるでしょうが、そういう人に限って、他のクレジットも同様のケースが多いようです。

さらに、車のローンや消費者金融からもチョットだけというのでは、35年に及ぶ住宅ローンを組ませるか否かを審査する金融機関や保証協会は、否決という判定を下すのは目に見えています。

実際、私どものお客様でも、こんなケースが山ほどあります
もっとも、ローンが否決になる前にアドバイスするのが、プロとしての私どもの使命でもありますが・・・・。

ちなみに、このスマホの滞納者数は、1年半で2倍に増えているそうです。それも、いい若者がです。
その内、結婚し子供が出来て、いよいよマイホームと言うときに、その安易な滞納が亡霊のようになって付きまとうと言うわけです。

スマホをお使いのあなた!
十分お気をつけください。何はともあれ、ルーズにせずに、借りたものは、キッチリ返すのが常識
厳しいようですが、この常識を守れない人は、マイホームと言う資産を手にする資格はないと心得るべきでしょうね。
これが、毎日、住宅ローン現場を見ている私どもからの、ささやかなアドバイスです。







< P R >


頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。
  


Posted by バリューの親方 at 06:01

2012年08月22日

戦場記者

 ゆっくり物申す戦場カメラマンが、一躍人気者になりました。
お笑いでもない別世界の方が、バラエティに出演し、その生い立ちや境遇、現場の大変さ、そして戦争の悲惨さを世に知らしめるのですから、これはこれで、大変な仕事をしてきた方々が、やっと日の目が見れると言う意味では、微笑ましい事だとは思います。

ただ、今回の山本美香さんの死亡は、ご冥福をお祈りすると共に、考えさせられるものがありました。
あのシリアの内戦は、国連停戦監視団も何の成果も挙げられないまま19日に撤収しています。
益々泥沼化している様相です。

とは言え、遠く離れた国のしかも国内紛争だろう程度に考えている方々も多いのではないでしょうか。
実際、私もこの山本さんの死亡ニュースを聞くまでがそうでした。すでに18000人の犠牲者が出、それも何の罪もない子供を含む一般人が多く含まれています。

 彼女の死をきっかけに、このシリア内戦は一気に身近な悲劇となって関心を持ちました。いや、持ち始めたところです。
シリア政府軍の容赦ない無差別攻撃は、彼女をも巻き込む無慈悲で凄惨なもののようです。それが一人の女性邦人の命と引き換えに明らかになりました。

ただ、国連ですら手を焼くこの事態に、私たちはいったい、何が出来るのかと、つくづく考えてしまいます。
せめても、世界中が、自国の中で起こっている戦乱というレベルで関心を持ちつづけることが、最初の一歩かなとも思います。

 残念なのは、彼女自身が最も知っているであろう激戦地に、カメラ一つと私服同然で乗り込んで取材をしていたらしいと言うことです。
確かに第三者的立場にある民間のレポーターであると言うアピールなのかもしれませんが、戦場でのレポートは、武装していようがいまいが、兵士と同じ立ち居地にあると思うです。

その第一線に、防弾着鉄製ヘルメットも着用せずに、出向いたというのは正直信じられません。
それさえ着けていれば、とも考えを巡らし、返す返す残念です。






< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。
  


Posted by バリューの親方 at 12:16

2012年08月21日

中古との競合

 車のみならず、いまでこそHard OffBook Offなどのリサイクルというカテゴリーが見直され、いわゆる中古やセコハンと言った抵抗感が、薄れてきた日本ですが、家屋についてはどうでしょうか。

評論家や役所が分析すると、欧米諸国の住宅流通の内に占める「既存住宅」の割合が日本に比べると桁外れに多いことを指摘されます。
これは文化の違いもあると思いますし、建築技術や様式の差、はたまたそれを支援する金融、つまりローンとの兼ね合いも避けては通れません

 既存住宅と言うと抵抗は薄まりますが、これを通常使われている言葉の「中古住宅」とすると、日本人は、はたと我に返り躊躇します。
既存住宅は、各家庭の独自の生活様式生活が、そのまま残っています。言うなれば、いくらハウスクリーニングしようとも、それぞれの家庭がそのまま残っていると言っても過言ではありません。

住宅以外では随分と中古慣れした日本人も、どうしてもこれを良しととしないようです。

 しかしながら、日本中で人の住まない中古住宅、正確に言うと空き家廃屋の予備軍のような家屋が無視できないぐらいの数になりつつあります。
防犯上や景観上の問題で、県内でも市町村ごとに条例を設け、行政代執行までの規定を設けている市町村もあります。

政府もこの空き家対策に繋がる「中古住宅」の市場活性化索を打ち出しています。
日本人の文化的意識は、置いておいたにしても、これまでは、購入する資金繰りにも問題がありました。

 金融機関は、リフォームやリノベーションに資産価値アップという評価を下せず、土地や上物だけの評価で「中古住宅購入資金」という低利の住宅ローンを組むに留めています。

中古住宅購入後に必要となるリフォーム資金は、リフォームローンとして、高い金利を別枠で払い、しかも返済期間も短いので、下手をすると、新築住宅を購入して返済するローンと同等以上になってしまうケースもままありました。

ところが、中古住宅市場活性化は、政府が主導と言うことで、旧公庫である住宅金融支援機構が画期的な住宅ローンをスタートさせました。

リフォーム瑕疵保険への加入条件はあるものの、中古住宅の購入資金とその後のリフォーム資金を合計し、これを低利の住宅ローンで組ませると言うものです。

しかも35年間固定レートでです。
さらに、性能を向上させれば、金利割引のあるフラット35Sを適用してくれます。

 ちなみに、フラット35なら35年間固定レートで1.8%台、同じくフラット35Sなら1.1%台のところも出てきています。

 私ども新築屋にとっては、新築各社との競合に加えて、これまでは番外だった中古住宅も競合になるというわけです。
でも、これからの日本の住宅事情を考慮すれば、当然と言えば当然と言えるかもしれません。

 ただ、これから課題となるのは、その中古住宅を正当かつ正確に価値評価が出来るかどうか、それを目利きできる専門職が制度化されるかではないかと思います。

住宅も身近な商品ではありますが、通常の日用品とはかけ離れたレベルの眼力がなければ、経年劣化や瑕疵の予備軍を見つけ出し、それを評価に盛り込むことは並大抵のことではありませんから。







< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。

  


Posted by バリューの親方 at 18:24

2012年08月16日

鎮魂の日

昨日は、終戦記念日でした。
各所で鎮魂の祈りが捧げられました。

私は恒例の夏のクルージングに出ており、戦没者への黙祷も艇上でかな、と思ってましたが、天候悪化で一日早く引き返してきましたので、陸上での黙祷に間に合いました。
戦争体験者も高齢化し、だんだん先の大戦が風化されつつあると思います。

先の大戦は時として美化され、後世に語られることがありますが、その悲劇だけは、決して風化させてはならないことだと思います。
そして、多くの尊い命の礎の上に、現在の日本が成り立っていることも。

加害者、被害者という言葉が適切なのかどうなのかは別にして、こともあろうにこの鎮魂の日に、パートナーだとばかり思っていた隣国の大統領が無礼千万な爆弾発言するし、挙句は竹島に上陸するし、何を考えているのでしょうか。良識ある一国のトップがすべき行為ではありません。

さらに、政府が後ろで糸を引いて、台湾と香港の活動家が尖閣諸島に強行上陸しました。
敗戦国で戦争放棄を憲法に記した日本とは言え、随分となめられたものです。
またまた近隣諸国のご機嫌伺い、強制送還になって幕引きでしょう。

同じようなことを、日本人が他国の領土に行ったらどうなるでしょうか。
おして知るべしです。下手をすればスパイ容疑で処刑だってあり得る話です。
東日本大震災ではあれだけ世界が手を差し伸べてくれ、そして世界がその日本人の民族性を絶賛しました。

絶賛された誠実で我慢強く、律儀で思いやりのある民族性と、言うべきことは言うという国家対国家の折衝ごとは別物だと思うのです。
戦後、敗戦から復興し、一人前の国になって久しいのですから、そろそろ「NO」と言える日本にならないと、本当にこの日本は、よその国の物になってしまうような気がしてならないのです。







< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。
  


Posted by バリューの親方 at 11:14

2012年08月11日

いけない、いけない

 思いっきり、ブログのことを忘れてました。
PC画面の右隅にあるショートカットアイコンを今、たまたま見て思い出しました。
一ヶ月近く全く更新されていないから、きっと、私は病気か死亡したのではと思われていたかもしれません。

病気でも何でもなんでもないんです公私共に忙殺されてました。
本来であれば、「忙中閑有り」というのが良いのでしょうが、私はなかなかそこまで器用ではないので・・・。

 県内の着工棟数は伸び悩み始めましたが、不思議なことに足場がまたまた足りないんです。
1ヶ月待ちです。足場屋でも半日単位で調整してくれていますが、なかなか私どもにも順番が廻ってきません。
結局、秋田の足場屋さんに、懇願しています。

腹立たしいのは、県内の足場屋ですが、単価を2倍に吹っかけてきた会社がありました。
私どもも甘く見られたものだと、先方の会社に乗り込み、社長同士で腹を割って話したら、営業担当の先走りと分かり、ようやっと矛を収めたところでした。

こういうドサクサまぎれの便乗値上げのようなことが、頻繁に起こり始めています。
宮城や岩手の建物復興が進んでくると、なおさらでしょう。
協力業者さんたちは、県外で随分といい稼ぎをしているらしく、これみよがしに新車に乗り換えて現場に来ます。

 私どもも、少しでも被災地の復興を建物建築技術でご支援できればと、復興平屋住宅をパッケージ化して売り出してはいます。
しかしながら、これはあくまで被災地支援業務の一環として取り組んでいることであり、本来のミッションは、マイホームを諦めてしまっている地元のアパート住まいの子育てファンミリーに、資産家になっていただくことです。

 濡れ手に粟とばかり、復興景気に乗って、単価や見積もりを吊り上げ、地元に後ろ足で砂をかけるような行為はどうかと思います。
痛みを分け合うのは当選としても、その裏で暴利を貪る様な行為は許されないことだと憤るのは、私だけなのでしょうか。

正義感を振りまわすつもりは毛頭ありませんが、旧會津藩校、日新館の「什の掟」の教えどおり、理由はどうあれ「ならぬことは、ならぬものです」ということだけは、私どもの主義主張として持ち続けたいと思っています。









< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。
  


Posted by バリューの親方 at 14:11