QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2013年06月30日

語学と語術

  大学の授業は何でも「学」がつきます。
経済学、法学、経営学、商学、そして必須科目が「語学」です。一般教養科目の中に入っていますが、さらに語学には第二外国語の必須もあったりします。

 私は英語が苦手で、大学各学部後との赤本(傾向と対策)には、私が受験した年の英語の最低点が載っていましたが、それが間違いなく私の点数だと思います。
英語は最低点以下だと、いくら他の科目がよくてもその場で失格だったようです。アブナイ、アブナイ。

そして、やっと合格して入学したら、何と私の学部は、実践的教育を旨としているとのことで、浅くて役に立たない第二外国語はなく、何と英語が他の学部より2倍あるではありませんか。
しかも必須。第2外国は、あくまでオプションで、卒業単位にはカウントされません。
信じがたいカリキュラムでした。

 案の定、4年生まで再履修に再々履修。あれだけ「優」の数を取れていたのに、なんと2年生のときの語学の単位が最後まで取れずに、あわや留年かという危機もありました。内定もしていたのにです。さすがに焦りました。でも、お陰で人の4倍も英語を勉強させて?いただきました。

社会人になってからは、さっぱり英語は使いませんでした。
ただ後年、志を抱きオーストラリアに赴くことになりましたが、読み書きは出来るんだから何とかなるだろうと軽い気持ちで赴任しました。

確かに読み書きはできるし、書類上の仕事はほとんど問題なくこなせました。再々履修の賜物です。
ところがです。喋れないのです。喋れても通じないのです。発音、イントネーション、さらにオーストラリア独特の訛り・・・。

 それから、私は家以外で日本語を使わないようにして、努めて下手でも英語を使うようにしました。
1年後には何とかパーティでも知らない方々ともジョークを言えるレベルまでなりました。

ただ、文法どおりに喋っていると「日本ではそんな英語を教えられているのか?日本にもサムライが話す昔の言葉があるだろう。君たちが使っている言い回しは、ハムレットの台本みたいだぞ」と爆笑されて大ショック。

ここで気付いたのです。実践で役立つのは道具としての英語、つまりは語学ではなくあくまで語術であることを。

橋本大阪市長がTOEFLを導入し、話せる英語を目指しました。しかし、高校側は受験英語とは異質で返ってに障害になると消極的でした。
英米の大学と違ってTOEFLの点数を合否判定に使ってくれる大学も日本にはほとんどないのが現状とか。

確かに英語は大事ですが、教養としての英語より、国際人としての英語は、英米の共通語を語術として身に付けることだと思います。

正直、コミュニケーションを取るには、読み、書けるよりは話せることや場に合った独特の言い回しを使える方がよっぽど大切だと思います。

英語の読み書き、文法が苦手な家内も、ちゃんとオーストラリア人の奥様方と身振り手振りを交えながらおしゃべりに花を咲かせてました。大切なのはこれですよね。

今度は小学生の英語教育をもう少し低学年から始め、しかも教科として義務化するそうです。
つまらない文法なんかより、田舎に行って方言を覚えるような感覚で語術として親しんで欲しいものです。

かく言う私も、先日浅草に行った折、アメリカ人に話しかけられ、ウッ、ウ~という具合に言葉が出てこない・・・。
まだまだ道具としては身についてなかったようです。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 15:24

2013年06月28日

この国の政治家には・・・・。

 ・・・・の後に続く言葉、何だと思います?
私はズバリ、「品格がないのか!!」だと思います。
確かに政党政治ですから党を優先することはわかりますが、党員である前に国民から選ばれた代表であることを忘れているようです。

 野党の頃、党利のために総理の問責決議をしてあれだけ品格を落とした自民党でした。
そしてその時に辛酸を舐め「そんなことより、もっと今成さねば成らない将来のことを語りましょうよ」と訴えかけた与党の民主党でした。

ところがどうでしょう。与党と野党が入れ替わると、あれだけの辛酸をケロッと忘れて、法案審議を拒否しての問責決議です。
今回可否されるべき法案の中には、重要法案も数多くありました。今々可決すべき法案も含まれていました。

こんな無責任で品格がなく、そして党利党略と選挙しか目先にない政治家がわれわの代表とは・・・。
これでは政治離れもするはずです。大半が政治に期待しないというのもわかります。

太平洋から奇跡の生還を果たした辛坊さんはいみじくも言っておられました「私はこの国に生まれてよかった」と。そういういい国?をつくってくれたのもこの体たらくな政治家たちだと思うと複雑な気分ですね。

さらに、外電で驚くべき報道です。
あのプッツで名を馳せた鳩山元首相が、あろうことか香港のテレビ番組に出演し「尖閣は日本が盗んだと思われてもしかなたい」と言ったというではありませんか。
ここまで来ると品格とか言うレベルではありません。昔風に言うなら「ご乱心の売国奴」です。

言葉は魔物です。切り取られて一人歩きしてしまいます。
これは政治家だけの話ではありませんね。

私どもの所属する山形県宅地建物取引業協会もこの4月から公益社団法人となりました。その理事である私たちは公人であるので言葉や行動には品格をもって、十分注意するようにと会長からの訓示もありました。

発言する人の立場、発言する場所、発言するタイミングと時期、発言する内容は十分気をつけるべきは私も同じです。人の振り見て・・・ですね。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 06:05

2013年06月27日

もう一つの資金源

  この頃の子育てファミリーは、一昔前より自立しているようにも思えます。
これは私どものお客様に限ったことなのかもしれませんが、自分たちの年収で住宅購入をやり繰りすると言うことです。しかも頭金もなしで出です。

通常は、頭金を20%程度、いやいやせめて10%程度貯めてからマイホーム購入というケースなのでしょうが、私どもでは、それはナンセンスと説明しています。

それは一昔前の買い方ですし、さらに高級なハウスメーカーの住宅を買う場合に該当します。それは頭金なしで全てローンで賄うと、結構な返済金が苦になり、月々が大変ということだからです。

 私どもは最初から、現在の家賃並みでの返済計画ですし、そういう金額の住宅と土地を紹介しています。よって、現在の生活を変えることなく、家賃を払っている分でマイホーム購入が可能になるよう仕組化しています。

そう考えると、その家賃並みのローン返済を阻害する外的要因だけを注意すればよいことになります。
それはズバリ、住宅ローンの金利です。さらに余計に総額を上げてしまう消費税の増税です。
勢い購入時期は今しか考えられないということになります。

私どもは騙されたと思って今決断し、一日も早くローンを申し込み、着工してください。きっと騙されて良かったと思いますよ!!と説得しています。

さて、前述のお話ですが、万が一金利上昇になってしまった、あるいは消費税がアップしてしまったら・・・・。
もう一つの資金源を当たってみてはどうでしょうか。それは両親ですし祖父母です。

 自立して、自分の年収だけで住宅ローンを申し込むのは結構ですが、ちょっとだけ親や祖父母に甘えてみてはどうでしょうか。
何も1000万円出してくれと言っているわけではありません。
両親や祖父母、奥さんの両親、祖父母から合計で100万円でも200万円でも頂けないでしょうか。

でも、贈与税が・・・・・。
そうです。贈与税は結構な税率です。通常は受け取ったお金から誰でもが控除できる基礎控除分110万円を差し引いて、残った分に合わせて10%から50%税金がかかる仕組みです。

でもご安心ください。今年と来年は特例があります。
住宅を手に入れるために直系の祖父母や両親から資金援助してもらう場合、今年は700万円まで、来年は500万円までが非課税です。

エネや耐震性の高い家なら、これが今年は1200万円、来年は1000万円まで非課税です。
省エネや耐震性は今時の家はちょいと背伸びをすれば、さほど難しくなくクリアできるはずです。


どのみち新築祝いでカーポートをプレゼントしてくれる話になるのなら、はっつきり「ちょっとだけ援助して」と頼む方がいいのではないでしょうか。

その殺し文句は・・・・・・
「孫を見に遊びに来たとき、泊ってもらう部屋を作るんだけど、その分が広くなっちゃって掛増しになるんで・・・」とでも言えば、いくばくかはちゃんと援助してくれると思いますよ。

何しろ、かわいい子供が一世一代の大仕事をしようというのですから・・・。
それでも言いにくければ、私が同行して代わりにお願いしてあげます。もちろん手数料なしで・・・。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 05:46

2013年06月26日

いつ買うの?今でしょ!!

  有名予備校の先生が発した「今でしょ!!」住宅購入にもあてはまります。
もちろん消費税導入前、正確には9月末日まで請負契約が済んでいれば、来年の4月以降に建築しても消費税は5%のままです。

 もう一つのワザは、何とか3月末まで完成していることですが、これはちょっとリスクがあります。
考えることはみなさん一緒で、9月末までに請負契約が終わらなかった方は、一気に10月から来年初頭に集中します。家は完成まで最短でも2ヶ月はかかるとすれば、着工のデッドリミットは1月末です。

ということは、10月1日から翌1月末までの4ヶ月間に契約や着工が集中することになります。
折からの職人不足です。契約はできても完成までとなるとかなりの困難が予測されますし、職人側も売り手市場ですから、手間の高い方高い方へと流れるのは経済の原則でもあります。

これからの宣伝文句は・・・・・・
「先着3棟、3月末まで必ず完成させます!!」というものではないかと思います。
それでダメなら上がった消費税分3%は、自腹で保証しますといったところでしょうか。

利益が沢山見込めるような大手さんならこれでも十分利益が取れるのでしょうけど、始めからコミコミ価格で金額が決まっている私どもの利幅では、死活問題です。
今から、前金積んで、職人を予約しときますかね。先行投資としては決して悪くはないような気もします。








<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 06:09

2013年06月25日

勇気ある決断

 盲目のブラインドセーラーとともに太平洋横断に挑んだ辛坊さんが、命からがら救助され帰還しました。
ほとんど奇跡だと思います。私も随分と外洋に出ましたので、よーく状況が理解できました。
全国の熱心な支援者への思いもあり、苦渋の決断だったのではないかと思います。

私も東京~グァムレースの最中、外洋の真っ只中で浸水したことがありました。そのときも今回同様に床板を開けたらそこまで海水が来ており、みるみる内にくるぶしまで来てしまいました。必死の排水作業と穴の捜索の結果、どうにか沈没は免れました。

辛坊さんのお話を聞き、あの時の事がフラッシュバックのように思い出されました。

現場は日本から1200キロも離れており、しかも3m~4mもの波高とうねりがある状況だったとの事。
映画の「海猿」ではありませんが、救助は至難の業です。

ヘリでは帰りの燃料にも不安が残ります。
海上自衛隊のUS2という救難飛行艇が向かってくれました。旧海軍の「二式大艇」の伝統を受け継ぐ水陸両用の大型飛行機で、世界に類を見ない波高3mの海上にも着水できる能力を有しています。

US2は厚木航空基地待機の岩国基地所属であったと思います。
実はこの救難に際し、その他にも航空機が向かっています。海上保安庁のジェット捜索機を始め、海上自衛隊の潜水艦などの索敵を得意とするPー3Cなど延べ5機も動員されました。

救助後の辛坊さんのインタビューでは、お騒がせしたことへのお詫びと救助隊への謝意が語られていました。
「せめて官姓名をお聞かせください」の問いに、「チーム全体でお助けしたのですから、何卒ご容赦ください」と言って、飛行服の腕につけられている「スコードロンパッチ」といわれる所属部隊ワッペンを剥がして渡してくれたといいます。

思わず胸があつくなるお話でした。

今回の遭難事故の原因は準備不足や過失によるものでないようです。何か大きなものに接触して亀裂が入ったのでしょう。

公開された事故発生時の映像を見るとクジラのようなものが水面に見えていました。
辛らつな批判も噴出しているようですが、オーナーではない艇長が、船を放棄するというぎりぎりの決断は、功名よりも命を優先する正に勇気ある決断であると私は思います。

惜しむらくは「このような結果となって、無謀と言われれば無謀であったとしかいいようがない」と言う自らの言葉。
結果だけをとって、無謀と言い切ってしまうなら、大海原を風だけを頼りに太平洋を渡ろうなんていうヨットマンはいなくなる。

私がホームグランドにしている日本海酒田沖も、実は大雨の後は同様な危険が潜んでいます。
新潟県の信濃川などに流れた大木が海流に乗って海上を漂流しているのです。
大木が故に、その重さで水没しており海面にはほとんど出ていません。
ドーンと衝突して初めてその存在を知るというわけです。

昼間なら目が充血するぐらい双眼鏡で探せもしますが、これが夜間だとアウトです。波が立っていれば、昼でも発見は不可能です。

こう考えてくると、危ない趣味にどっぷりはまっていることを再認識しました。
ヨットに限らず、どれだけ注意していても事故は起こるものであり、、もし起こったときに、その対応策と自ら命を守れる準備はしておくべきと肝に銘じました。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 06:02

2013年06月24日

難解お役所文書

 役人というのは、作文の迷人で、曖昧な表現を駆使して、通達やガイドラインを作るのが常套手段です。
みようによってはいかようにも解釈できるのが、困ったところです。

そして、政府の肝いりで進められていた「優良な中古住宅流通」に関する施策ですが、その中の心臓部でもある「建物インスペクション(現況調査 )」ガイドラインが明らかになりました。

 中古住宅を流通させるには、購入した後にいくら補修やリフォームにお金がかかるか不明という要素が中古住宅流通の低迷に拍車をかけてきていました。

これを事前に状況把握することにより、購入後いくらぐらいかかるのかを明らかにしてから購入を検討する。あるいは、それだけの劣化、損傷があるので、これだけの価格で売買するなどの指標にもなる「インスペクション(調査)」というわけです。

 ただ、これが強制的にやらなければならないわけではなく、依頼者の依頼によって行われるということです。
中古住宅といえば、多かれ少なかれ経年劣化や損耗、損傷はあるものです。売主も好き好んでこのような現況調査を依頼するのかどうかは疑問です。

逆に購入者から依頼があったとしても、売主が拒絶すればそれまでです。
もう少し、「インスペクション済み」の中古住宅のステータスを上げる仕組みを構築する方が先決であると思います。

さらに誰が第3者の立場でインスペクションを行うのかが問題です。
この制度がまともに始まったら、インスペクション要員は、一気にかつ大量に必要となります。
しかも、建築に精通した者でなければ、なかなか難しいものでもあります。

今回やっと、国土交通省からこのガイドラインが発表になりました。
しかし、何を言いたいのかよく理解できません。まさに迷文です。

 曰く「目視等を中心とした非破壊による現況調査を行い、構造安全性や日常生活の支障があると考えられる劣化事象等の有無を把握しようとするもの。
既存住宅の現況把握のための基礎的インスペクション(既存住宅に関わる一次的インスペクション)であり、中古住宅売買時の建物検査や住宅取得後の維持管理時の定期的な点検等がこれにあたる」


う~ん、よく分からない・・・・。

 ただ、このインスペクションを行う者は誰だかは特定されたことは進歩だと思います。
結局、建築士あるいは建築施工管理技士の国家ライセンスを有する者ということになったのだそうですが、制度が動いてもそんなに大量動員できるのかも疑問が残ります。

この制度のガイドラインをよく読むと、建築士や建築施工管理技士が居る建設業者やリフォーム業者、あるいは不動産会社などもインスペクションをすることができ、依頼主の求め応じて、不具合や劣化を補修するための見積もりや提案までもすることが出来るようになっています。

もちろん、インスペクションはあくまで第三者の立場で行い、その後は自分の所属会社の業種を明らかにした上で、「営業活動」を黙認するということのようです。

う~ん、これじゃぁマッチポンプのような気がしますね。
一昔前、シロアリ駆除業者が「シロアリ調査」を行って、その結果自社の営業をする。あるいは地盤改良会社が、地盤調査を行って、その結果に基づいて地盤改良を提案し受注する形態に似ています。

こんなんで、本当に公正な第三者的インスペクションが可能なのかどうなのか疑問です。
国交省も関連団体からの突き上げもあり、業界にとっては100年に一度の中古住宅バブルが到来するかどうかの分岐点でもありますし、こういう摩訶不思議な制度や迷文が跋扈するわけですね。

ただ、アメリカやヨーロッパの住宅と違い、高温多湿の気候にもまれた日本の中古住宅は、なかなかもってリノベーションを行うレベルにないのも事実です。

完全リノベーションをするにはテレビ番組の「ビフォーアフター」に出てくるぐらいの費用がかかります。それなら100万円ぐらい出して解体し、新築するのと大して変わらなくなってしまうのが現状です。







<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 14:26

2013年06月21日

やる気と発想の転換

 お陰さまで、毎日毎日炎天下の中で忙しくさせていただいています。
現場の工務主任が不足し、年寄りの私も現場主任をこなしています。シミになるといけないので、ちゃんと日焼け止めクリームを塗って・・・。

今は凄いのがあるんです。スプレー式でサッとひと吹きで日焼け止め終了。唇用に日焼け止め専用リップと念には念を入れてます。
ただ、ヘルメットの中はムレムレです。現在この解消法を研究中。

さて、現場はどこの業者も大忙しです。アベノミクスや消費税駆け込みというわけではないのでしょうが、とにかく業者がつかまらない

基礎業者大工を確保するのにはほとほと苦労します。
正に、天童温泉の繁華街で、協力業者様様で接待合戦?といった様相です。こういうときに、大きな会社や力のある会社、金のある会社はいいな~と羨ましくなります。

先日、同業の仲間が郡山太陽光パネルを標準装備にしたローコスト住宅を発表すると言うので、見せてもらいに行ってきました。
震災から随分と苦労されたらしく、涙なくしては聞けないようなお話まで伺いました。

建材やコンクリート、はたまた職人が不足する中にあっても、地元の建築業者として、小さくても割安な家をなんとか建てて差し上げたい。その気持ちで一杯だったそうです。

しかし、家を建てるにも肝心要の基礎業者が居ない。探しても探しても居ない。居ても三ヶ月待ちなんて当たり前、工程も組めない状態だったそうです。現在もそれは同じとも言ってました。

そこで彼は逆転の発想で、いつまでも来ない基礎業者を待っていてもしょうがない。いっちょ、自分でやってやろう!!と、ダンプやバックフォー、型枠まで購入して自分でやり始めたのです。

もちろん基礎なんてやったこともなかったそうですが、勉強熱心な彼は、試行錯誤を繰り返し、今やそんじょそこらの基礎業者には負けないくらいの立派な基礎を自前で出来るようになったとのこと。今回見せていただいた建物もその基礎の載った家でした。

人間はギリギリまで追い詰められると、やる気さえあれば、できない理由を自ら潰していく勇気と発想、そして行動ができるのだと、被災地業者の見舞いのつもりが、逆に励まされて帰ってきました。

昔から言われるように「成せば成る、成さねば成らぬ何事も」「不可能とは自分が作ってしまった幻だ」を骨身に染みた一日でした。










<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 06:01

2013年06月05日

山形恐るべし

 私どものような建築関係者には、毎月2ヶ月遅れぐらいで、各県ごとの月別着工棟数速報が来ます。
2ヶ月前なので、「あ~、やっぱりな~、あん時、急がしかったからな~、よそもそうだったんだぁ」という具合です。

今回、発表されたのは3月一ヶ月間に着工された棟数です。
山形県は、対前年同月比、134%(持ち家)。他の県をぶっちぎりの伸び率です。
さらに、東日本でもダントツの伸び率でした。

確かに、期末の忙しい時期とは言え、そこら中に足場がかかり、クレーンも随分稼動してました。
翌月の4月がどうなっているのか分かりませんが、足場屋や基礎屋の込み具合を見ると、伸びていることは間違いなさそうです。

3月の伸び率ですから、そうそう消費税アップを見据えてというのではないでしょう。
これまで手控えていたものの、アベノミクス効果での景気相場でしょうか。
このまま、行くと現消費税適用リミットの9月末契約までの間は、凄いことになるのかもしれません。

私どもでも、現在進行中が4棟同時進行で、これにあと2棟同時進行が加わりそうです。
ただでさえ、職人が不足してきているところにもってきて、やりくりも限界に来ている状況が続いています。

さらに、この頃は何かと制約の多いフラット35Sに適合した住宅をと望まれる方が増え、チェック項目も多岐に渡り、俗に言う「てんてこ舞い」です。
ただ、同時進行が増えると、工務担当者にも限度があり、仕様上で「言った、言わない」のケアレスミスも多くなりがちです。

今月から、お客様との机上と現場チェックを再々徹底することにしました。
前の会社でいい格言を学びました。
「量は質を凌駕する!!」










<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 06:03

2013年06月04日

街のにおい

山形はコンビに行くのにも車だと言うと、都内の知人に驚かれました。
首都圏には駐車場のないコンビニがあるとこちらも驚きました。
地下鉄などもなく、バス便も少ない山形では通勤も車になりますね。

ここのところ天気もいいので、私は自転車で通勤しています。ダイエットにもいいですしね・・・。
朝の涼しい風を切ってスイスイと裏道を走ります。
今までは、車を走らせていたため、前ばかりを注視していましたが、自転車は目線が高くなり、視野も広がります。

へ~、こんなとこにこんな建物があったんだ~とか、この家の外壁ステキだな~とか、おお、〇〇ハウスで新築中だとか、はたまた、ここん家のお花が咲いたな~とか・・・。
そして、登校途中の児童、生徒に会うと「おはよう」と声がけしたり。

日常のことなのに、これまで気が付かなかったことが沢山見えます。
そして、帰宅の折には、暗くて周りの景色はよく見えなくなりますが、今度は「におい」です。

お風呂場の換気口から漏れる石鹸の香り、厨房から流れる夕食のにおい、どこからか漂う樹木や花の香り・・・。
街は生きており、常に動いていると実感できます。

生活の中には、当たり前すぎてついつい見過ごしてしまっている大切なことが沢山あるのかもしれませんね。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 06:02

2013年06月03日

じぇじぇじぇ!!

 私のブログでも、何度か金利の事を取り上げました。
長期固定金利は上がり始めるので、借りるなら「今でしょ!!」
そうこうしている内に、本当に長期金利は上がってしまいました。

しかし、捨てる神あれば拾う神有です。
各金融機関の主力商品である10年間の固定金利とまでは行きませんが、当初3年間の固定金利にギネス登場です。

なんと三井住友銀行の金利が、これまで最優遇金利でも1.5%だったものが、一気に0.9%下がって、なななんと、0.6%まで引き下げられました。もちろん同行始まって以来の低金利です。

これは、同行が赤字でもいいから一気に囲い込んでしまおうと発表したのではありません。
日銀の金融緩和政策の一環としての貸出増加支援制度を使い、金融機関が安く資金を調達できるようになったものを活用したものです。

これに追随する形で、各行とも面白い住宅ローン商品が目白押しです。
マンションを購入する女性が住宅ローンを組み、その後に出産したら0.1%金利を下げるとか、変動金利と固定金利のメリットとデミリットを補完し合うミックスローンなどなど。

現在は完全な変動型金利を選ぶ方が半分程度だったらしいのですが、この頃の金利上昇に伴ない、2から10年固定型金利に移行する方が増えているそうです。

塾のCMではありませんが、住宅ローンを組むなら・・・「今でしょ!!」と言ったところですね。
それにしても信じがたい低金利です。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 01:36