QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2013年09月30日

武士の面目

 似たようなタイトルの映画がありましたね。
武士は食わねど高楊枝なんていうのもあります。

サムライは、誇り高き職業、しかも生まれたときから宿命として背負おうて生きていたそうです。
その誇り高きつわものどもが、傘張りなどの内職を余儀なくされた困窮の時代があったのですから、武士社会も大変です。

私が住む天童市は、旧織田家の治めた天童藩が幕藩体制の最後でした。
織田家は分家ではなく、本家本元の織田宗家、つまり信長公の直系です。

誇り高き武門の中でも名門中の名門というわけですが、幕末は家柄だけが高く、禄高はなんとたったの2万石の小藩。実質禄高はこれを大きく下回っていたそうです。困窮の極みと言った状態だったそうです。

誉れ高き織田家家中で、内職など・・・・。
しかし背に腹はけられません。そこで、一流の兵学者にして理財にも明るかった時の若き家老、吉田大八は「将棋は兵法戦術 に通じ、武士の面目を傷つけるものではない」とこれを奨励、今は全国生産量の95%を占めるまでに至りました。

その後、大八は荘内藩の執拗な介入により、奥羽列藩同盟仲間入り条件として、責任者断罪を迫られ、自ら藩の捨石となり、数え37歳で切腹して果てます。

勤皇の志士吉田大八は、その後官軍として勝利を収めた新政府に高く評価され、地元を救った英雄として、神社まで賜ります。益々英雄伝説が定着しました・・・・・・というのが定説です。

たまたまこの事が最近の新聞の全国版に取り上げてありました。
しかし、その定説が根拠に乏しいものであることも同時に記されていました。
私にとっても「じぇじぇじぇ、じぇー」の記事でした。

英雄伝がいつしか、郷土天童の繁栄とリンクしたきらいがあるとのことで、少々大げさに話が伝えられていると郷土史家の談も記されていました。
しかし、荘内藩によって、天童は焼き尽くされ、否定する文書も肯定する文書も少ないのが現実です。

 しかし、私は伝説は伝説でいいと思います。吉田大八の伝説を否定しても誰もハッピーにならない。
市民がそう思っているのであれば、史家が何と言おうともそれは伝説ではなく、子々孫々まで伝承すべき郷土の誇りだと思うからです。
 
住まえる人々に誇りと勇気と自慢をもたらしてくれる伝説ステキじゃないですか。
伝説も百回語り継げば、それは定説になります。

それよりも、天童に住まえるのに、織田藩の事も吉田大八の事も知らない子供たちがいかに多いことか。ましてや吉田大八と将棋の話など大人でも知らない市民が多いこと。

せいぜい、全国の方々が集まった時に、郷土の歴史として語れるのは、これをおいて他にはないぐらいのことなのですが・・・。

さらに嘆かわしいことは、この将棋駒を作る職人が高齢化し、継承者不足が深刻になっていることです。今や市民から募った素人を文化教室よろしく、伝承の職人にしようというプログラムもスタートとしているとこか。
私ももう少し、現職の手が空いたら是非、このプログラムに参加したいと目論んでいます。

以下は切腹前の吉田大八の絶命辞です。
「衆口金を鑠(とろ)かす 豈(あに)信なるかな
郭は焦士となり 屋は灰となる
男子宜しく識るべし 義と不義とを
腰下の宝刀 冷を帯びて来る」


そして辞世
「我のみは涼しく聞くや蝉の声」

これを後の世に伝えられないのでは、天童人じゃないでしょ。
かく言う私は、天童を焼け野原にしてしまった荘内人なのですが・・・。
今は住まわせていただいているご恩返しと男が男に惚れた証として・・・。伝承しますよ!!









<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 05:56

2013年09月29日

民間給与

 国税庁の2012年民間給与額調査が発表されました。
一年間に得た平均給与は408万円だそうです。
へぇ~、その程度が平均なら、私どものお客様の給与ともさほど驚くほどの差はないのかと思って見ていました。

ところがよくよく見ると、これはパートやアルバイトなど非正規従業員を含めた男女の平均と言うことが分かりました。
非正規従業員の平均は168万円、女性が268万円で、肝心の大黒柱の男性は502万円だそうです。
それでもピークの1997年より平均で59万円も減っているのだそうです。

給与は年功で上がり続けるか現状維持と思われていたのですが、減少に転じている実態が明らかになりました。

民間の賃貸住宅の家賃はさほど変わっていないか、平均すると微増傾向だそうです。このような実態から考えると、生活に占める居住費比率はは確実に上がっていると考えられます。

地方の地価は下がりっぱなし、さらに住宅ローンの金利も下がりっぱなし、消費税はほぼ上がることが確実、そして住宅の価格は安定から価格訴求の今日この頃です。

ということは、生涯続く居住費の支払いを考えるに、35年固定金利のフラット35などで、土地付き戸建住宅を今、購入した方がどんだけお得かが分かろうと言うものです。

下がり続ける給与の中から、一生家賃を払い続けても、大家さんは絶対に「この部屋差し上げます」とは言ってくれないので、永久に自分の所有物にはならないのは確実です。

もっと怖いのは、下がり続ける給与も定年でおしまいですが、その後は何歳から支給されるかわからない年金の無支給期間があったとして、それでもなおかつ家賃は払い続けなければならない現実が待っています。

住宅の取得はここまで考えるべきだと思います。
それを考えたら、親から住宅を贈与されるのは、とっても幸せなことですね。リノベーション費用はかかるかもしれませんが、新築ほどではないでしょう。さらに土地代金はかからない訳ですから。
少々月日を我慢して、同居か賃貸住まいするのも手かもしれませんね。

もう一つの資産化プログラムは、同居前提、贈与全体で自分で土地を求めて新築し、住まなくなった新築住宅の方を賃貸で回す方法も考えられます。
住宅ローン控除もゲインできますし、何よりも住宅ローンには生命保険付ですから、万が一のときの対策にもなります。

この近辺、30坪の3LDK一戸建てなら7万5000円か8万円で賃貸可能でしょう。
月々の支払いは、6万5000円程度でしょうから、そこから差益も発生させることが出来ます。
もちろん、確定申告が必要になりますが、賃貸ビジネスとして必要経費も控除されるはずです。

数十年間貸し続ければ、やがてローン返済は終わり、土地建物は完全な自分の所有物になります。
建物の評価価値はほとんどなくなるかも知れませんが、中古住宅として売却すれば土地代金はちゃんと手元に残る居でしょう。

あるいは、この土地を担保に、より小さな土地を購入し、より小さな戸建住宅を建てて賃貸し、第二の年金とすることも出来るでしょう。
いやいや、その新築に移住し、親から贈与された土地建物を売却、あるいは賃貸住宅とすることも考えられますね。今は、移住住みかえ機構のように、生涯家賃を保証してくれる公益団体もあることですし。

いかがでしょうか、「わらしべ長者のロジック」ですね。
マイホームの取得は、資産形成の第一歩と言うわけです。

それにしても業種別民間給与のトップは電気、ガス、熱供給、水道業だそうでライフライン系が占めています。
これって、信じられられないですよね。だって、電気なんて会社が破綻するかもしれないので、値上げしてるんですよ。値上げが給与に跳ね返ってるとしたら、信じがたいことですね。

さらにこれに続くのが金融、保険業だそうです。
なんだか、人の弱みや不幸にかかわる商売が高給取りというのも何だかな~という気もしますね。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 09:45

2013年09月28日

安物買いの銭失い


東北の誇りとなった楽天球団の星野監督は、強力打線を獲得するために、メジャーリーガーを招聘するとき、三木谷オーナーに進言したそうです。
このたび勝利を獲得した楽天のジョーンズ選手とマギー選手のことです。年俸は二人合わせて4億円越えだそうで、突出した金額だそうです。

この報酬に見事に応えた結果となりました。
要は費用対効果のお話です。

世の中には、ローコストと言われる住宅があります。
割安な住宅の代名詞になっています。
ハウスビルダーの中には、本当に信じられないぐらいの原価で建築している業者もおります。
これは企業努力というケースもあれば、そんなものを使うなら、ウチだって・・・・というケースもあります。

似た言葉にロープライスという言葉があります。
これはディスカウントショップという業態なで使われる言葉です。
メーカー品もブランド品も安く売ることの出来る業態です。
だからといって、ローコストなのかハイコストなのかは別の問題です。

これとて取りも直さず費用対効果と言うことに他なりません。
ローコストはお客様には無関係です。それはあくまで売り手の都合とそろばん勘定です。
ローコストこそがお客様が関心のあるところです。
そして、そのプライスで買えた住宅が、想像以上のものだったときに初めて価値が生まれます。
それが費用対効果バリューだと思うのです。

 ローコスト住宅の要は、仕入れの安さもさることながら、目に見えない部分をどのようにして、コストを落とし、目に見えるところをどれほどそれなりに仕上げるかです。これはリフォームで壁を開けてみないと分からない部分も多々あります。でも、そこが肝心な部分です。

私どもは決して安くない原価をかけています。そしてロープライスで販売しています。
さらに、見えないところにコストをかけています。そして見えるところにはコストを落としています。
よって、見えるところには無垢の木材は使用されていません。全てが新建材と言われる合成木材が下地になっており、そこに仕上げ材を張ったものです。

見えない壁の中や床下、基礎、天井裏は、リフォームも大変ですし、基本的構造部分です。何よりも断熱や気密の要でもあります。ここだけは、外せない重要部分です。

見える部分は、張物でも新建材でも「見た目勝負」というスタンスです。
そのことは、お客様には正直にお話します。それでも、無垢材のフローリングや無垢材の建具がいいというのであれば、追加のお金を頂戴して、変更はします。でも、それをやってしまうと他社さんとたいして金額j的には変わらなくなってしまうのが現実です。

星野監督ではありませんが、「安物買いの銭失いは、もうよしましょう」と胸を張って言える様に、精進する事を再確認した優勝でした。
そして、今日からローコスト・コンパクト住宅と言うキャッチをロープライス・コンパクト住宅にします。

楽天イーグルス、東北に喜びと再起への自信をありがとう!!









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 14:47

2013年09月23日

お客様目線

よくお客様商売をしていると、聞かれる言葉です。
ただし、私は費用対効果であると思います。

私どもの住宅は、INAXLICILからしか水周り機器は選べないようになっています。
これを「一生に一度のマイホーム作りだからと注文住宅をやっている会社のように全メーカーから好きなものを選べるようにすべきだろう。それがお客様目線だ!!」と言われてしまえばそれまでですが、限られた予算内で最大限にお客様のご希望に近づけることむやみに予算をオーバーさせないのが、私どものお客様目線だと思っています。

それでもご不満なのであれば、たっぷり予算を取っていただいて、お好きなものをお選びいただきます。その代わり、月々のお支払いは、いくらになっても知りませんよということになります。
私どもとて、夢の新築マイホームに賃貸用の安い水周り機器を付けようなとどということはあり得ません。

予算は予算として、それよりもお客様目線で重要なのは、使い勝手です。これは安かろうが高かろうが、金額とは別次元の問題です。
ここへこそ「お客様目線」を持ち込むべきだと思うのです。
たかだか総面積で30坪のコンパクトハウスです。それをデッドスペースを作らぬように導線を確保し、まるでパズルのように間取りを作っています。

さて、このごろ気にかかるのがよその製品です。
よそから見るからこそ、いったい何なの!!と思ってしまうことがままあります。
それは取りも直さず、金額とは無関係なところです。

コンビニでお惣菜を購入したことはあるでしょうか?
レンジで暖められたものは、往々にして汁がトレーに溢れています。
いざ食べようとした時、まずはトレーを水平に保ちつつ、きつきつに巻かれたラップを外さなければなりません。これが一苦労。

その後は、汁がこぼれないよう注意しながら、透明のふた部分を剥がすのですが、これがまたきつい。やっと外すと、勢いで汁が外へ飛び出します・・・。それも毎回。
これを作っている人は、実際やってみて不便を感じないのでしょうかねぇ。

それから、工事現場でお馴染みの通称「虎ロープ」と呼ばれる黒と黄色のロープです。
どれだけ慎重に使っても、使ってるしりから、こんがらかってしまう。この間を通して、こちらを引いて・・・。解く方が時間がかかってしまう。
これ作ったメーカーの人は、自社のロープを使ったことがあるのでしょうかねぇ。

世の中には、まったくもう!!
もう少し使う人の身になって考えたらわかりそうなもんなのに!!というものがいかに多いことか。
それを考えたら、私たちがお建てした家に、自分自身住んだことがないことに気づきました。
これでは、他社さんのことを、とやかく言えた話しではありません。

これまでの満足度のアンケートのみならず、使い勝手のアンケートを頂戴することにします。それでも足りなければ、お伺いし聞き取り調査を行うことにします。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 16:16

2013年09月22日

オール電化?ガス?灯油?

いずれにしても原発が停止している以上、現在は化石化燃料でエネルギーを得ています。
これがないと、柔な現代人は生きてはいけなくなってしまいました。
つまり、どれかのお世話になると言うことです。

 東北電力が推奨していたオール電化住宅電気料金の値上がりによって、その有り難味が薄れてきたことは以前お話しましたね。
それでは、現在はいったいどれだけ有り難味があるのかを検証してみました。

だいたい私どものお客様も90%はオール電化にされます。
残りは、灯油とガス、電気の混成利用です。煮炊きはガス、給湯や暖房は灯油、そして冷房は電気と言ったところです。

 私どものお建てしている住宅は建坪が5坪の総二階で合計30坪が標準です。3LDKkじゃ4LDKと言ったところで、4人家族が主です。

この条件で、前述のオール電化住宅と混成利用住宅の光熱費を比較してみました。
さて、値上げ後には、どちらが有利なのでしょうか・・・。

答えは、オール電化のほうが月々9,4000円程度割安です。これ、年間にすると112,800円割安になります。
ただ、IHクッキングヒーター、エコキュート、フル暖エアコンなどを含めたオール電化仕様にするには、器具や取り付け手間賃などを含めると約100万円掛かり増になります。

年間112,800円割安になるのですから、初期投資した100万円は、8年10ヶ月で確実に元が取れるという計算になります。ただ、これからも電気料は上がるでしょうから、9年で元を取るぐらいに考えるべきでしょう。

 日本の電化製品は優秀です。10年かそこいらでは壊れるようなことはめったにありません。
そうすると、壊れない限りは今後の電気料値上げを勘案しても毎月9,000円程度は、返済に回すこともできると言うわけです。

さらに、150万円程度上乗せして、4Kw/hの太陽光発電を搭載すれば、こちらも雪国山形でも9年程度で元が取れますから、それ以降は月々平均約14,000円程度売電による収入が期待できます。

オール電化での光熱費節約と売電収入で、10年目からは23,000円ほどローン返済に回せると言うわけです。
もっとも、発電の買取金額や電気料が極端に変わらなければの話ですが・・・。

こう考えてくると、住宅建築にかかわる費用の中でも、設備機器選びは将来のライフスケジュールを左右する大きな要因と言うべきですね。
たかが器具、されど器具。住宅設備は慎重に選びたいですね。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 18:29

2013年09月10日

遠い昔の記憶

まだ幼稚園の年長さんでした。
夢の超特急、聖火の白い煙、ファンファーレ、三宅、アベベ、円谷・・・・。
今でもはっきり覚えています。

そのオリンピックがまたしても東京で開催される。
人生のうちで、二度もオリンピックを母国で見れる人間は、世界でも少ないのではないでしょうか。

あと7年、日本中の人が「そのときいくつになっているんだろう」と考えたことでしょう。
私はいわゆる「定年」を超えている頃です。もっとも今は65歳の定年ですから、ご同輩もまだまだ現役でありましょう。

いずれにしてもめでたい事ですし、あの招致が決まった瞬間は日本国中が一つになったような熱狂振りでした。原因はどうであれ、皆が一つになることは喜ばしいことです。

私の興味のあるところは、セーリング競技にどんなクラスが採用されるかです。
そうそうセーリングで思い出しましたが、各大学の強豪校は、ここのところ競って「葉山」に合宿所を新築しています。

それは、学連のレースの主会場になるのが葉山や江ノ島が多いからですが、なかなか私の母校は、この界隈に合宿所も持てず、八景島をベースにレース時のみ葉山、江ノ島といったジプシーのような合宿生活をしています。

その心配をよそに、8月初旬、ある情報通のOBが「これからの合宿所は若洲にすべきだ」とおっしゃったのです。
「あんなところにどうしてまた・・・」の質問に、「だって、東京オリンピックのセーリング種目会場は新設される若洲マリーナになるからさ」とおっしゃったのです。

「だって東京に決まるかどうか分からないではないですか」の問いに、「そんなのもう東京って決まってるんだよ。開催国はIOCが決めるのではなくて、世界を動かす力を持った世界中の大金持ちが決めることなんだ」と驚くべき予言をしました。

結果的にそのOBの言った取りになりました。
しかも、開催決定が決まった直後に関連株が信じがたい値上がりをしました。銘柄によってはストップ高です。一日にして何億と言う金を稼ぎ出したトレーダーが沢山いたそうです。
さらに、オリンピックは4兆円の経済効果を生み出すと言われます。

あの日アスリートたちが熱く語ったプレゼンテーションが霞んでしまいそうなお話です。
決定要因の最大要因は「ゲインとリターン」だとしたら、熱狂も何だか白けてしまいますね。

いずれにしても、この時の主力になるのは現中学生や高校生選手です。
部活がオリンピックに通じていると行っても過言ではありません。
若い人たちのスポーツ界からは目が離せませんね。










<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 23:47

2013年09月01日

ガラケー

 この頃、普通の携帯を使っているのが恥ずかしいほどスマホが浸透しています。
老若男女ともに、暇さえあればいじっています。都内の電車の中など酷いもんです。
一昔前のように異動時間に参考図書ビジネス書、新聞を読むなんていうよりも、ひたすらスマホいじりか音楽聴き?です。

私は、ポケットに携帯を入れて持ち歩いたり、もぞもぞ取り出したすのが嫌いなので、オヤジくさいと言われるのを覚悟で、ベルトに携帯ホルダーを付け、即座に取り出せるようにしています。

ボーイスカウトで野外活動を長くしていたためか、どうも身近な道具が腰周りに集中していてくれないと不安なんです。(笑)

ただ私の場合、携帯の活用は業務時間中に限られていますし、使っているのは会社の携帯です。よって、午前9時から夜7時までしか電源は入れておきません。

さらに、用向きはお客様との商談か協力業者への指示、ショートメールに限られます。
正直、それ以外には使っていませんから、機能のほとんどは使っていないことになります。
それなら、あんなデカくて持ちにくいスマホまでいかずとも、二つ折りの小型携帯で十分です。
しかも、私の携帯はヘビーデューティーな現場環境にも耐えられる防水型です。

ところがこの携帯、スマホ全盛によりガラケーと呼ばれるガラパゴスの爬虫類のように、進化が止まってしまった前近代的通信機器なのだそうで、新規に契約するのも電話機そのものがなくなりつつあります。
よって、壊さないように大事に大事に使っています。

でも私・・・・最新型のタブレット機器もちゃんと持ち歩いています。i-padミニです。
これはこれで、用途が異なります。建築現場で現場用のアプリを使い重宝しています。
さらに図面をいちいち持ち歩かなくても、大丈夫ですし、各業者さんや設計担当とは、これでやり取りもしています。

残念ながら、これも会社の道具ですから、色々な面白そうなアプリをダウンロードしてという使い方はしていません。
なんでもかんでも一つのものにぶち込んでオールインワンという総花的なものが流行っていますが、どうせ使わない機能なら、シンプルなもので、コンパクトなものでいいのではないかと思います。
住宅ももこれとよく似たところがありまね。

どうせお雛様置き場になったり、納戸の代わりになるような物置的和室なんて必要なんでしょうか。

ほこりのたまり場になるような、家族でくつろぐ「ゆとりの多目的スペース」なんて必要なんでしょうか。

芸能人でもあるまいし、衣裳部屋のような大型ウォークインクロゼットなんて必要なんでしょうか。

美術館でもあるまいし、暖房効率の悪いロビー吹き抜けなんて必要なんでしょうか。

どうせ物置になってしまうロフトなんて必要なんでしょうか。

階段下りればすぐトイレなのに、大豪邸のような2階にもトイレが必要なんでしょうか。

机一つあれば十分なのに、書斎部屋まで必要なんでしょうか。

一日の疲れを癒すためなのに、1.5坪もある浴室が必要なんでしょうか。

大勢で入るわけでもないのに、大きなトイレットルームが必要なんでしょうか。

修学旅行旅館でもあるまいし、二人用の洗面化粧台なんて必要なんでしょうか。

お料理教室でもするならともかく、アイランドキッチンまで必要なのでしょうか。

などなど数え上げたらキリがありません。

もちろん、それでもとおっしゃるお客様には、丁寧にお付けしますけどね・・・。(笑)
でも、使うかどうか分からないもの夢やイメージだけでお金をかけるぐらいなら、そのお金は将来の生活設計に十分活用してゆとりのある暮らしを目指すほうが、よほど得策だと思いますけどね。
お子さんの大学卒業までの資金、いくらかかるかご存知ですか?私どもの建物なら、下手すりゃもう一棟建っちゃいますよ。











<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 06:02