QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2015年03月31日

年度締め

 今日は3月31日です。
お役所もそうですが、今日で平成26年度は手仕舞いで、明日からは平成27年度がスタートします。
仕事は継続しているんものであり、経理以外は3月31日で締めるのはなかなかできないことでもあります。

それでも、お金や財産である在庫は、本日時点で一旦締めなければならず、みんな経理担当にせかされて、朝からばたばたしています。かく言う私も同じです。
今日で締められた数字は今年度の決算として、言わば社長の通信簿になるわけです。

私どもの会社は、消費税増税前のバブル?がなかったので、増税後の落ち込みもないのだろうと思ってましたが、正直言って今年度は大変でした。業界全体では25%~30%の受注激減だったと聞きます。

しかし、大手はマイナスどころか増税前より受注アップに転じているとも聞きますから、平均で出された不況の状況は、ほとんどが中堅中小、零細のビルダーや工務店の苦しい経営状況を表したものだと思います。

私どもも、いろいろな事情でお建てになれなくなったお客様が数多くおられました。たまたまと言ってしまえば、それまでかもしれませんが、それを積み上げていって業績ができているのですから、ダメージは甚大でした。

後半のスパートと節約があって、どうにかこうにか決算を迎えられたというのが本当のところです。
来年度はと言えば、政府主導で数々の新築住宅を建てられる方向けの補助金や給付金、さらには税金の減免優遇、ローン金利の大幅減など特典がてんこ盛りです。大いに期待したいところです。

この頃は、内覧会のポスティングチラシではなく、HPからのお問い合わせが増えています。
お客様心理も変わりつつある証拠です。
紙媒体はなくなることは無いでしょうけれど、これからの紙媒体、いや電波媒体で、限られたスペースや秒数で中途半端に宣伝するのではなく、HPへの橋渡し道具として活用すべきと確信しました。

また、建築に関連する制度や法律、建築にかかわる計算や数式も大幅に変わりつつあります。
これまで通りに経営していたのでは、この状況の変化についていけないと思います。
昔ながらにやっている地元の工務店も大変でしょう。「面倒見のいい地場工務店」なんて甘い経営ポリシーでは、生き残れない大変革が待ち構えています。

ここ数年で、年数棟しかやっていない地場工務店の数は、間違いなく半減するなどと言う予測すら出ています。新築を抑制したい政府は、それでも良しとしているきらいすらあります。

さてさて、明るい兆しの27年度、どのようになりますか、乞うご期待!!











<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 13:17

2015年03月30日

低温室内は万病の元

 先日、仙台と東京で続けざまの研修会に出席しました。テーマは全く異なるものです。その他に夜の部では、古い知人との再会と超ハードスケジュールでした。

ただ、非常に興味深い事が起こりました。
それはこの二つの研修会と知人の話の内容が、同じような内容だったのです。それも全く別のアプローチからその内容に至りました。

その内容とは「低温の室内では、病気になりやすい」です。これは風邪をひくという話ではなく、まさに寒さは万病の根源と言う話です。さらに、暖かな部屋で過ごすと回復も劇的に良くなると言うものでした。
特にこの中で気になったのは、「低温の室内で体を冷やすとがん細胞が増幅する」というものでした。

イメージとしては、暖かくすると細胞が活発化して増幅する気もしますが、どうやらそうではないようです。
まさに目からうろこがおちました。

三者三様に「低室温は万病の元」と言っているのですから、信憑性も高いと思います。
しかも、今後の住宅産業では「健康住宅」というのがキーワードになりつつある予感すらします。
自然素材やマイナスイオンなどで「健康住宅」を謳っている住宅会社は数あれど、暖かな住宅から「健康住宅」を導き出している会社は少ないようです。

言ってみれば「健康住宅」=「高断熱・高気密住宅」というわけです。
私も実は年を重ねるごとに、手足が冷えて大変です。ソックスを履かないと寝れませんし、事務所でも薄手の手袋をしたりしています。それゆえ、自社で建てる家は断熱性にこだわり、その名も「青森仕様」とか「暖か仕様」などとしています。

ここへ来て、自社のこだわりが「健康」の根本を成す要素であったことに大変喜んでいます。
まもなく4月で私どもも次の営業期を迎えます。
「ローププライスでもコミコミ健康住宅」を前面に出して、差別化を促進したいと思います。

ちなみに、寒さ厳しいアメリカの北東部8州では、健康や福祉の観点から、室温規程があり、これを下回るような住宅の建築は許可にならないのだそうです。
どのような暖房をするのかは知りませんが、平均すると17度~20度の間にするよう規程されているところが多いようです。

講習会では建築学部教授が、日本にこれを当てはめると15度程度を最低基準とすべきであると言っていました。
もっとも、雪国では15度程度では、寒くて居れませんけどね・・・。







<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 17:34

2015年03月21日

え~っ、なになに??中国人が・・・・

 山形にはチャーター便を使って、台湾より観光客が来るようになりました。南国で雪を見たことがないせいか、雪見のツアーが人気のようです。
スキー客しか冬場は当てにできない山形県にとっては、迷惑な雪も楽しんでいただける海外の観光客はありがたい限りです。

その割には、標識やピクトサインに外国語表示が少ないですねぇ。観光客誘致に取り組むなら、こういうところからでしょうし、何よりもWifi環境が整っておらず、海外から持ち込んだスマホも無料でサクサクというわけにも行かないそうで、ここらが海外からのお客様の不満の一番だそうです。

観光客は地元でもありがたいのですが、なかなか台湾からのお客さんはお金を落としてくれないそうで、これも悩みの種だとか。
天童での宿泊客は、夜な夜なマックスバリューやツルハへ買い物に出かけるのだそうです。みやげ物はスパーで売っている特売品か日本の薬品だそうです。

こういう事情を知っていましたので、先日、東京の銀座で見た光景は驚きでした。
観光バスを連ねて、ものすごい数の中国人観光客が到着し、百貨店やディスカウントストアを跋扈しているのです。

聞けば、赤サンゴ製品や100万円以上する鉄瓶などバンバン買っているし、人気の化粧品などは箱買いだそうです。
一人当たり換算の買い物に使う金は約13万円だそうで、他の国の観光客のそれを5万円以上引き離してのぶっちぎりトップだとか。

今は中国の物価も一時のように10分の1とはいかないかもしれませんが、日本円の物価に比すれば、少なくとも日本での感覚すると80万円相当は買い物している勘定です。

中国と言うと報道などでは、どうも貧しい国というイメージをしがちですが、どうしてどうして金持ちは日本の金持ちより人数が多いと言うから驚きです。どうやって稼いでいるのかは知りませんが、すごいですね~。

この来日中国人の購買力は、中国の正月である春節にはこれに輪を掛けて凄かったらしく、中国人観光客を当てにしたお店や観光施設はウハウハだったと聞きます。
貿易収支の底上げとGDPアップにも一役買っているのも事実です。
いやはや、中国人観光客、恐るべし・・・。










<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 06:02

2015年03月20日

新書

 手紙をなかなかこんな言い方はしませんが、個人宛の手紙のことをこう呼ぶのだそうです。
信書を扱えるのは郵便局の郵便だけ。
御恥ずかしい話、最近知りました。これは「郵便法」にちゃんと定められた法律できまっているのだとか。

今の世の中、物流の方法も多岐に渡り、宅配便花盛りです。
DMすらも郵便で来ることは少なくなりました。
会社には毎日のように沢山のDMや製品パンフレットが送付されてきますが、郵便局が届けてくれるものは、ごくごく少ないということからも頷けます。

お客様あてにお送りするカタログなどに、個人名を記して添え状を同封するのも不可ということになりますね。
遠くにいる恋人にバレンタインのチョコをクール便で送り、ついでにアツアツのラブレターなど同封しようものなら、これは郵便法に抵触するということになるのでしょうね。

その特権的サービスを有する日本郵便も、4月から宅配便に攻勢をかけるそうです。名づけて「スマートレター」
逆に誤って信書を入れてしまいそうなヤマト運輸の「クロネコメール便」は、3月末で廃止するそうです。ヤマトはその代わり、「宅急便コンパクト」なる小型の荷物を送れるサービスを開始するそうです。

この「スマートレター」ですが、私などもよく利用するネットでの買い物にはぴったり。
これからは本やDVD,女性の化粧品などは、A5判の入る小型封筒で送れるようになるそうです。重量は1Kgまでですが、価格は180円。しかも信書も同封可能と言うから、うまいことを考案したものです。

一方これを迎え撃つヤマト運輸は、「スマートレター」の弱点をうまくカバーしています。
重量制限はなしで、しかも宅急便と同じ手渡しで追跡サービス付き659円から。
ただし、これまでどおり信書は入れられないことは同じようです。

時代の流れでネット取引が急増し、個人向け配達が激増しているとのことですし、このマーケット、競争激化は必至ですね。
少なくとも、使う側の私たちにとっては、いいこと尽くめではありそうです。







<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 12:06

2015年03月19日

今は高いの?安いの?土地価格

 今日は土地の公示価格が発表になりました。
首都圏ではこれまで値下がりしていた地価が下げ止まりするところも多くあり、さらに上昇に転じたところも数多く出てきました。

山形県は県内の観測地のうち住宅地は123地点。その内11地点では昨年より地価が上がり、4地点で横ばい、そして108地点で下落という結果でした。
我が天童市の住宅地は9地点とも下落です。
それでも下落幅は昨年より縮小されているようです。

さてさて、この公示価格ですが、そのまま実勢の取引価格に右習いしているわけではありません。
公示価格は、不動産取引の指標となり、公が土地買収などをするときの指標にもなりますが、実勢価格の90%程度の価格とされています。

土地の価格は「1物4価」と言われ、実勢価格、公示価格、路線価、固定資産税評価額の4つあります。
それぞれ同じ土地でも評価格が違うと言うわけです。
これはそれぞれの評価額の使用用途が違うのでいたし方ありません。

しかし、実際に取引される土地を売買するときに使われる実勢価格を他の3つの価格から推測することは可能です。
以下にそれを示しますので参考にしてください。



①実勢価格
実際の不動産取引において成約するであろうその不動産の売買価格です。





公示価格
今回発表された国土交通省が発表する土地価格です。標準地を定め、毎年3月に公表します。

一般の不動産取引価格目安や、公共が収用するときの土地の目安となる価格としています。これは実勢価格の約90%程度になっている。

③路線価           
国税庁が発表する土地価格です。相続税や贈与税の計算の際に利用する価格です。これは実勢価格の70%~80%程度になっています。

④固定資産税評価額
市町村が、発表する土地価格です。固定資産税や都市計画税の計算の際に利用されます。これは実勢価格の60%~70%程度になっています。

これを元に天童市の土地実勢価格を計算しますと・・・・
久野本一丁目で坪約157,000円
泉町一丁目で坪約156,000円
交り江三丁目で坪約129,000円
駅西四丁目で坪約約150,000円
長岡北一丁目で坪約160,000円

さらに躍進目覚しい東根市では・・・・
神町東二丁目で坪約78,000円
鷺ノ森一丁目で坪約91,000円
神町北三丁目で坪約99,000円
神町中央一丁目で坪約111,000円

となりますが、私たちがお取引している実感地ではこの実勢価格より10%程度高い感じがします。
いずれにしても天童市では天童市の住宅地の平均坪単価は15万円程度が適切と言っているようですし、注目の芳賀タウンも坪約14万円程度ですから、あながち噂だけでもなさそうですね。

ただ、実勢取引はあくまで実勢価格であって相場とも異なります。
私たちが行っているのは、実取引売買です。ここには人間ドラマが介在しますので、実勢取引価格は参考にはなりますが、そこには値引き交渉投売りなどもあります。
それは売らねばならない側にはそれなりの理由が存在するからです。ここまで書けばお分かりだと思いますが、土地の価格とはそんなものだと言うことです。

いずれにしても、土地と言う商品は、店で売っている商品のように、品切れになってもまたいつか入るようなものとは異なり、世界に同じものが二つとない超差別化された商品であることは忘れてはならないと思います。

















<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 10:48

2015年03月14日

エコポイント

 正式には省エネ住宅ポイントと呼ばれますが、今年、住宅を建てる方への目玉施策です。
どの新築住宅でを建ててももらえると言うものではありません。ある一定の基準値をクリアした「エコ住宅」を建てた方がゲットできます。

どのぐらいのレベルの基準化といえば、大手ハウスメーカーなら楽々クリア?できるれべるですが、中小ハウスビルダーや地場の工務店レベルでは結構なハードルです。
しかも、設計段階で各種の計算が必要になるため、その数式や導き出し方を理解していないと、正直言って無理です。

さてさて、そこそこハイスペックと自慢の私どもの住宅はと言えば・・・・・いつものやり方、いつもの材料では無理です。

どの辺が無理なのかと言うと、風呂場と洗面脱衣室の基礎周りの断熱、そして2階天井面の気密処理、さらにコンセントやスイッチ、吸排気口周りの気密処理を強化する必要があります。つまり、もうちょっとだけ手間隙と材料がかかると言うことで、ちょっとだけ背伸びをする必要があるわけです。

通常、私どもではオプションとしている「フラット35S]基準をクリアするレベルということになります。
これは国が認めたなかなかの断熱性能と機密性能を有した優良な住宅です。

これをクリアする設計で初めて申請ができます。
新築の場合は、どれだけ豪華で大きな邸宅でも、逆にコンパクト住宅でもゲットできるポイントは同じで、30万ポイント(30万円分)です。

このポイント、以前は復興を支援するために被災地の物産と交換という錦の御旗がありましたが、今度は色々な品々と交換できるようです。
もちろん、現金扱いとして使用することは難しいのですが、それを施工会社直接給付してもらう制度もあります。つまり、オプションを追加したら、その分の支払い分として使用できると言うわけです。

ただ、この総予算は3.5兆円しか準備されていないので、必ずゲットできるかと言うとそうではありません。早い者勝ちで、予算がなくなり次第終了ということです。
でも、今回の制度はフライングが認められました。工事完了後に申請しなくとも、工事中に申請することができるようになっています。
「早い者」をこの一文を活用して早めに申請するのが正解です。

これは考え方なのでしょうが、国が30万円支給してくれて、マイホームの断熱性能と気密性能がより向上し、より暖かく住みやすい住宅にできるというように考えてはいかがでしょうか。








<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。
  


Posted by バリューの親方 at 11:00