QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年08月15日

死を考える日

 今年もこの日がやってきました。
終戦記念日、敗戦記念日、鎮魂の日、平和を願う日と呼び方はいろいろです。

でも全てに共通することは、死について考える日だと思っています。それも病気や事故ではない「自己以外のための死」あるいは「愛するもののための死」です。

 決して戦争を美化するつもりはありません。こういう死は、もう永久にあってはならない死かもしれませんが、64年前までは当たり前とされていましたし、拒むことすらできなかったことなのでしょう。

先の大戦で散華した英霊たちも、当然人の子ですから、確実に迫り来る死と向き合い、残される人々との折り合いをどうにかつけて、戦場に旅立ったのでしょう。
 
「平和な世の中に生まれて良かった」などと寝ぼけた事を街頭インタビューで語った大学生が居ました。
 今日は1年に一度だけ、この平和はタダで手に入ったものではないことを思いだす日だと思うのです。
「生まれて良かった」ことは、誕生日に親に感謝すべきことであって、今日はこの平和が、尊い礎がなければ、決して手にすることは叶わなかった事に感謝すべき日だと思うのです。

 テレビの番組は、例年になく戦争体験談を競うかのように放送しています。
異口同音に「もう、そろそろあの悲劇を語っておかなければ・・・」といおう歴史の証言者が多数出演しています。年齢を見ると88歳~94歳ぐらいの方が多いようです。終戦時に24歳から30歳ですから、当時は主戦力の方々です。

日本の男性平均年齢は約79歳です。出演の方々はすでにこの平均を10才近くもオーバーしています。
確かに今、語り継いでもらわねば、機会が刻一刻と失われていくのも悲しい事実でもあります。

 この方々のお話を伺っていると、一様に「戦争なんか二度としちゃいかん。」と語られ、死んでいった戦友の無念を両の肩に担って生きてこられたのがよくわかります。それも64年もの間です。

「平和な世の中に生まれて良かった」・・・・・確かにそうです。
でもこうして生かされて生きていることにこそ感謝し、生きていることだけで十分素晴らしいし、ラッキーだと思うべきなのかもしれませんね。あとの分はオマケだと考えれば、オマケは所詮オマケなのですから、自分のため、家族のため、社会のために大胆に使いたいものです。
それが礎となった英霊たちへの一番の弔いかもしれません。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp



Posted by バリューの親方 at 11:39