QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年10月02日

墨子

 残念ながら女性の名前ではありません。

 私は、読書家の父のお陰で、子供の時分から小難しい書に囲まれて育ちました。
儒家道家という諸子百家と言われた古い中国の思想の本も、漫画本と同じくらいの手近さにありました。そうです「子曰く~」からなる論語などです。

 晩年はその高名を細木数子さんとのウワサで残念なことになってしまった安岡正篤先生の論語に関する著書も沢山あり、この儒教陽明学の東洋思想も何の疑問もなく素直に受け入れていました。(もっとも、実践できていたかどうかは別問題ですが・・・)

そして、先日たまたま見た映画が「墨攻」という中国を舞台にした時代劇ドラマでした。主演はカンフーの達人「ジェット・リー」かと思ったら、よく似た俳優でしたが、思わず最後まで見てしまいました。ただ途中からだったので、内容があまり把握できませんでした。「墨家」「墨子」という言葉がふんだんに出てきたのは覚えています。

その後調べて分かったのが、この主人公が有していた思想が「墨家」の思想で、それこそ儒家(儒教)の孔子様などが、活動されておられた紀元前400年~200年ごろの戦国時代の思想でした。しかも、儒家と双璧を成す反対派勢力がこの「墨子の墨家」だったようです。

すぐに「墨子」に関する学術書を買い込み、その思想を見てみました。

すばらしい!!の一言。現代の日本社会、経済、政策に全て通じるものがありました。

その中心思想である「墨家十論」には、広く隣人を愛する「兼愛」、決して侵略しないが、責められたら命を掛けて大切なものを守り抜く「非攻」、貴賎や生い立ちの差別なく優秀なものをどんどん登用する「尚賢」、国のトップから庶民まで同じ価値観をもって国を治める「尚同」、あたりまえと思われて消費されている無駄な金を節約する「節用」、人の一生は運命などで決められていないとする「悲命」等々。

これって、紀元前400年も前に考え出された思想です。日本の賢人と崇められる聖徳太子より、約1000年も前だというから驚きです。
人の道の原理原則は、価値観が代った現代とは言え、時間を超越しているのかもしれませんね。




              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp




Posted by バリューの親方 at 18:34