QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年10月01日

瑕疵担保責任の履行

 いよいよ、今日以降から完成引渡しが行われる建物については、引渡し後10年間の瑕疵担保責任を負うことになりました。もちろんその責任を負うのは私ども建築を行った業者です。

姉歯問題から派生した消費者保護の為の法律ではありますが、業者を信じて、一生の買い物をしてくださったお客様へは、本来当たり前と言えば当たり前の保証でもあると思います。

なぜならば、この瑕疵とは隠れた欠陥であり、まともに建築していれば、決して発生しないであろう欠陥だからです。
さらに、万々が一こんな不名誉が発生したときに、建築した当の業者が倒産していたなんてことがあるとこれまた大変です。

今回の瑕疵担保責任の履行法は、この倒産にも対応でき得るよう、業者には保険加入などが義務づけられています。
ただ、この保険料を誰が支払うのかということです。

売値の決まっている私どものように、いただいた利益の中から保険料を支払うと言っている業者もありますが、大方のところは見積もり金額に瑕疵担保保険料と明示して上乗せするところも多いようです。そうしなかったにしても、この保険料を見積もり金額にまぶして、お客様に請求することになるのではないかと思います。

見積もりを要しない、初めから売値の決まっている規格住宅を売っている私どもにとっては、正直なところ、痛し痒しではあります。

たった一人の悪徳建築士のために、建築業界や建築士界は法律改正に次ぐ改正で複雑化し、手間がかかることが、超のつくぐらい多くなっています。それも、本当にこんなの必要なの??というのが半分以上なのが実感値です。

民主党のマニフェストには、建設業界が震え上がるような事も多々記されていましたが、この煩雑な法を再度、実態に即した内容に改正するとの要項も記されていましたので、大いに期待したいところですね。今はただただ官僚にやり込められないことを願うばかりです。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp




Posted by バリューの親方 at 05:08