QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年11月23日

100歳100歳

 あの「きん」さん「ぎん」さんのCMで御馴染みのフレーズでした。お二人とも他界されました。100歳まで生きられるのが、凄いとされた頃でしたが、今や100歳越えのご長寿の方々は、沢山おられます。

会社の年が100歳を越えてるって、凄いと思いませんか?
俗説では企業年齢30年なんて言われるのにです。
その100歳越えの会社の出現率が日本一なのが山形県というから驚きじゃないですか。しかも社数では日本2位と言うから、総合優勝ってことでしょう。

山と田んぼしかないド田舎「山形」なんて言われてたけど、どーだ!!
しかも驚くべきことに最古の企業は誕生から800年を超えていると言うから、ぶっ飛びものです。米沢の「東屋」「中屋」といった旅館も700年近い歴史を有していましたが、その藁葺きの建屋は、確か2000年の火事で焼失してしまったと記憶しています。

それにしても凄いですね山形も。
聞くところによれば、山と田んぼしかないのが幸いしたようで、農産物を多く産出する地域では、食品の流通加工分野などの昔からの企業が多いのだそうです。

私どもの会社は、創業たったの12年です。企業寿命までもあと18年。長いような短いような・・・。それでいて、100年越え、さらにはそれ以上って、気が遠くなります。

私一人で、やれたとしても企業寿命まででぎりぎりでしょう。そうすると企業経営継承がどれだけうまく行くかが100年越え、あるいはそれ以上の重要なファクターとなりますね。

 ただ、何代か後の後継者まで私が面倒見ることはできませんし、時代がどのように変わっているのかもわかりません。きっと、業種業態そして人が変わろうとも、事業に対する熱い思いとお客さんを大事にすることだけを引き継ぎ続けられれば、倒産の憂き目には会わないのではないかとも思います。

まずは、企業寿命30年の壁を超え、そして何代先になるか、創業100年の殿堂入りを目指してみますか。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp




Posted by バリューの親方 at 00:06