QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2010年05月10日

懐かしモノ

 昭和30年代がことさらにブームになって随分経ちます。
その他にも1980年代ブームなどもそうです。
これらにまつわる物販も盛んです。懐かしがって購入すると言う購入動機を追体験購入というのだそうですが、当時、お小遣いではちょっと手が出なかったけど、今なら気安く買えるというのもあるのでしょう。

各種メーカーでも、ヒット商品がないときの「懐かしモノ」、「復刻版」頼みというのがあるそうで、1980年代や昭和30年代にヒットした懐かしい○○を再び世に出すと、とたんに財布の紐も緩むのだとか。

これって、わかるような気がしますね。
先ごろ休刊となった「科学」「学習」ですが「もう一度見たい!科学と学習 永久保存版ふろく百科」という名前で大人向けに再登場し、1680円もすると言うのに、爆発的ヒットだと聞きます。

懐かしいからちょっと買ってみようという衝動買いも多くなるのかもしれません。
そう言えば私が子供の頃、友達が持っているオモチャで、どうしても買ってもらえないものがありました。たぶん、それほど高価なものだったのかもしれません。

それはGIジョーというアメリカ兵の着せ替え人形でした。手足や首、腰など関節が自由自在に動く人形で、その完成度合いは、バービー人形などの女の子向け着せ替え人形とは、天と地ほどの差がありました。

その、着せ替え用の服も別売で売っていましたが、これもまたお高く、友達のGIジョーは、着せ替えではなく、いつも着たきりGIジョーでした。

 このGIジョー、当時の金額で1,500円位だったと記憶しています。週刊の少年マンガ本が、100円しなかった頃の1,500円ですから、結構高額なオモチャと言えます。
とは言え、今では5~6,000円でも買えるようです。バリエーションも信じられないぐらい増えています。

 5年ぐらい前ですが、懐かしさのあまり、私もついつい衝動買いしてしまいました。
それも出張先の香港国際空港でです。
なんと、そのGIジョーは、切れ長の目をした日本人の顔をしていました。
付いている服は、ナント鉢巻も凛々しい神風特攻隊バージョンの旧海軍飛行服でした。こんなの誰が買うの・・・と思いながらも、気が付いたときには買ってしまっていました。

「またこんな子供みたいなもの買って!」と家内に叱られると思ったので、あくまでも子供へのお土産と言うことにしてありますが・・・。
今も拙宅のテレビボードの上に、凛とした姿で飾られています。






              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp



Posted by バリューの親方 at 23:29