QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2010年06月12日

逃げ場

 背水の陣の心づもりで事に当たるというのはままあるでしょうが、人生でギリギリ、絶体絶命、本当の背水の陣というのは、なかなかもって体験できないシチュエーションだと思います。

 どこかに逃げがあったり、ある意味で保険を掛けてしまうのが人情です。
どうも日本人は、潔く詰め腹を切るという世界観が好きなようで、最後の最後まで戦い抜いて、刀が折れて、その刀で相手と刺し違える、あるいは再起を誓って降伏するというのを潔しとしない傾向があります。

小沢さんしかり、鳩山さんしかり、福島さんしかり、亀井さんしかり、「辞任」という逃げを「忠義腹」のように美化し、いつのまにかピューッと消えてってしまいました。逃げが打てるうちは、まだまだいいほうです。

 逃げが打てないギリギリの国民が沢山居ます。毎日が背水の陣です。
中小企業の経営者もしかりです。大手の会社なら社長の代りはいくらでもいるでしょうが、小企業はおろかマイクロ企業レベルでは、社長が逃げを打った瞬間に倒産です。大勢の顧客や取引先に大迷惑をかけてしまいます。

経営者の最大の仕事は「潰さないこと」です。

「辞任」なんて、カッチョイイ言葉でかたずけないで、最後の最後まで踏ん張って踏ん張って、それでもダメなら、更迭されるぐらいまでやるのが、本当なんじゃないかな~と思います。皆さんひとかどのいい大人なんですから・・・。

椿魚師匠の人生句にステキな言葉があります。
「人生、散らかすのも自分、かたずけるのも自分」
経営者としても、男としても、議員の先生方のように、散らかすだけ散らかして、サヨナラなんていうことだけはしたくないですね。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp



Posted by バリューの親方 at 16:32