QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2010年06月28日

インナーチャイルド

 いつも「なるほどね~」と感心するメールを頂くYさんから、ちょいとへっこんでいた私の元にタイムリーなのが届きました。

それは「やる気」のお話でした。
私は、とうに50を過ぎたオヤジですが、そんなオヤジの心の中にも、生まれて間もないままの「赤ちゃんの」のような善も悪も判断できず、周りの環境や声にそのまま影響されてしまう、言うなれば純真無垢な心が残っているのだそうです。

酸いも甘いも知っていると思っていた自分でしたが、潜在意識の中にそんな別人格のような未知の意識があったなんて・・・。と思いました。
これがインナーチャイルドと言って、心理学などでは常識なのだそうです。

そのインナーチャイルドの潜在意識に「お前はこれまで一生懸命にやって、数々の難問をクリアしてきたじゃないか、今回は何んでこんな程度ができないんだ!! 情けないぞ!!ファイトだファイト!!」と言い聞かせ、自らを奮い立たせていたというわけです。いやいや過去形ではなく、今朝も奮い立たせました。

 でも、潜在意識のインナーチャイルドは、それがプレッシャーになり、またできなかったらどうしようと警戒し、萎縮し、最後はまたできないかもしれない。失敗するかもしれないとなり、自ら逃避をするようになり、それが最後は「やる気」がない状態に陥ると言うのでした。

なるほどね~。心当たりあるな~。

 そしてもっと恐ろしいことは、それでもなおかつ自らの潜在意識の期待に応えようと頑張るが、それは「サイドブレーキを引いたままアクセルを全開にするようなもの」で、益々ストレスが増加するのだそうです。ここまで聞くと「オ~ッそうだったのか」と目からウロコです。

 そしていわゆる「恥の文化」で育った我々完璧主義の多い日本人は、出来たことより出来なかったこと(欠点)に目が向きがちなので、潜在意識が行動(やる気)を制限するメカニズム下にあるとも言います。

にもかかわらず、そこを「根性」で乗り切るのが日本の美学なので、普段でもストレスの多いであろう私などには、困った話です。

そして彼からのメールには「もしもっと楽に目標達成したいなら長谷山さんの中の"赤ちゃん"がグレないように大切に育てて下さいね」と結んでありました。

今日からは、私にも会社のメンバーにも「できなかったこと」に目を向けず「できたこと」だけに目を向けることにしようと思います。





                < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。





Posted by バリューの親方 at 08:20