QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2010年08月30日

夜行

 聞いただけで、ぐったり疲れるというイメージと哀愁歌「北帰行」に漂うノスタルジーもありますね。

 学生の頃は、私も夜行急行「出羽」「月山」を利用したものでした。車窓に流れ行く民家に灯る深夜の灯りが、なんとも胸をキュンとさせたものでした。
私は大学受験の上京のときも、夜行で行き、そのまま一番のりで試験会場に行ったのを覚えています。

 寝ているうちに別の国へ運んでくれる夜行は、夢も一緒に運んでくれるようで、好んでこの夜行便を利用しました。眠れぬ夜を明かし、夜明け前から朝焼けに広がる車窓って、なんとも「異邦人」を感じさせてくれるんです。
列車だけでなく、飛行機も私は同様の理由でよくスターライト便を利用します。

 さて先ごろ、どうしても朝9時に都内でのアポがあり、前日に山形~東京の夜行バスを予約しました。新幹線の朝一番便だと9:24東京駅着なので、なんとしても間に合わなかったからです。
でも、夜行バスは残念ながら取れませんでした・・・。

 え~っ、今どき夜行バスなんて使うやつが居るのかい?と思っておりましたが、なんとこの夜行バス、今は高速ツアーバスと名前を変えて座席も3列でオシャレに大変身し、さらに、毎便満席になるほどの人気なのだそうです。

 どれぐらい人気なのかと言うと山形~東京便は2006年2000人の利用者だったのが、2008年は15000人で何と7.5倍に膨れ上がり、今年はどれぐらい増えるか見当がつかないとうれしい悲鳴だそうです。

 ちなみに、一番人気の東京~愛知便は驚くべきことに同期比121倍増。全国平均では161倍増だそうです。
どうせ寝てる間ならホテル代払うより、移動したほうが、時間的にも経費的にもお得と言うわけです。

 山形からも東京はおろか、遠く大阪まで行く便もあると聞きます。
運賃も聞いてビックリ、だんだん安くなり、今は新幹線の半分から三分の一程度だそうです。

 そう言えば、夜行バスの超裏ワザがありました。
通常、成田発の午前便に間に合わせるには都内か成田近辺に前泊をしないと不可能です。でも、ビジネスマンにとっては、この一日がもったいない・・・。
そこで、仙台発~成田行きの夜行バスを使うと、余裕を持って間に合い、成田空港で一風呂浴びて、ゆっくり朝食をとっても間に合います。
もっとも、私のようにいつもいつも弾丸トラベラーのような荒業をしなくても済む方にはオススメしませんが。

蛇足ですが、長距離バス交通網が発達している中国には、寝台バスと言う、幅50センチ位、長さ180センチ程度の3段ベッドがぎゅうぎゅう詰めされた長距離バスがあるんですよ。

その長距離と言うのも半端じゃないんです。なんと乗車時間48時間~72時間なんていうのもあるんです。
この長距離バスは、昼間に座席になるわけではないそうで、ずっとベッドのままだそうです。さすが広い国土を持った国の長距離バス事情は違いますね・・・。ごろ寝が大好きな人には、こたえられない乗り物かもしれません。





                < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。



Posted by バリューの親方 at 14:26