QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2010年10月11日

さすがはマイトガイ

 小林旭の話じゃないんです。
mite guy だと「最低のダニ野郎」とか「すぴたれ(しみったれ)野郎」という意味になっちゃうんですが、今回のマイトガイは略さず「dynamite guy 」のこと、今、旬の「ダイナマイト野郎」、ダイナマイトの発明者であり、ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルのお話です。

 先日も日本の鈴木章博士や根岸英一博士が化学賞受賞が決まり、大きなニュースになりました。30年以上も前に発表した成果だそうですが、やっと今、その功績が認められたと言うわけです。いったい、どんだけ審査に時間がかかるんだいと言う感じですが、恩師が推薦してくれたのが8年前だと言うことですから、これもいたし方のないことなのでしょうね。それでも8年もです・・・。

さて、さて話題は、化学賞ではなく平和賞です。
中国の民主活動家「劉暁波」氏に決まりました。でもご本人は現在服役中、あの高慢な中国がケチをつけないはずがありません。驚くべきことに、この情報を察知して、ノルウェー政府に取り消すよう脅迫まがいの圧力をかけていたというから驚きです。

 中国政府なら、さもありなんと言ったところですが、ノーベル賞はスウェーデンだったんじゃないの?と思っていましたら、ノーベルの遺言で平和賞だけはノルウェー国会に委任しているのだとか。

なるほど、委員会は政府とは関係のない独立組織だと言っているらしいですが、委任先がノルウェーの国会では、中国もケチを付けやすいわけです。どうもこういった恫喝や脅迫を得意とするところは、相手の一番弱いピンポイントを熟知しているものですね。

 それでもなおかつ、「人権闘争の象徴」とノーベル平和賞委員会は授与を決定したと言うから、ノーベルの何物にも屈しない孤高の精神が息づいていますね。
さすがマイトガイ!!

このように、ビシッと強く主張する者には、案外中国は弱腰です。
さらに、人権問題となれば、他の自由主義国家への手前もあります。きっと、本人と取引して、辞退するよう画策するでしょうね。そうでもしなかったら、本当に国歌崩壊の第一歩ともなりかねません。

 それに比べて、このヘナチョコ日本政府はどうでしょう。恫喝、恐喝されるだけされて、挙句の果てに、廊下の立ち話ごときで手を打ち、領土問題を棚上げにしてしまいました。

 棚上げにしているうちは、双方とも領土として主張できますし、棚の下では商売や二国間経済は当たり前に進めることができます。便利な荷物棚です。
あんな、立ち話で歩み寄ってしまえば、最大最強のカードである「衝突現場の映像」永久にお蔵入りになってしまいます。
中国は、交渉上手です。とてもとても日本の素人大臣がかなう相手ではありません。

日本の大臣にも「マイトガイ」の心意気を受け継ぐノーベル平和賞委員会の爪の垢でも煎じて飲ませたいものです。





                < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。



Posted by バリューの親方 at 12:10