QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2011年07月20日

和牛受難

 いやはや、原発事故では和牛にも影響が出ています。
福島産の牛肉どころか、宮城県の米どころで取れた稲藁をエサにした牛にまで被害が広まり、それが風評となって被害を大きくしています。

飼育者にとっては、何も知らずに買った飼料が汚染されていたのでは、踏んだり蹴ったりです。
今やブランドとなった米沢牛山形牛は、食肉に加工された場所のブランドが得られると聞きました。山形県内でも多くの牛を飼育する影のブランド尾花沢牛や天童牛、飯豊牛もゆくゆくは米沢牛や山形牛、はたまた松坂牛のブランドになるとも聞きました。

この尾花沢牛や飯豊牛も一部でその飼料を与えられていたと報道されていました。まさに、天下のブランド米沢牛も風評被害の的になってしまうのでしょうか。

この米沢牛は、日本のみならず、世界ブランドです。
驚くべきことに、この「米沢牛」、中国では縁もゆかりもないない者によって、商標登録が申請されていたことが明らかになりました。

 まだ、登録済みとはなっていないそうですが、この風評では商標登録を申請した方も、取らぬ狸の何とやらで、とんだとばっちりでしょう。
とは言え、米沢牛を語り一儲けしようと思っていることは、明々白々ですから、狡賢いことをやるから、罰が当たったって言うところなのでしょうね。

よく、県外の方とお会いすると「山形ですか~、いつも美味しい米と牛肉が食べられていいですね~」と羨ましがられます。
でも、本当に美味しい米や美味しい山形牛、米沢牛のほとんどは、県内を通り越して、首都圏や他県に行っているのが実状だそうです。

本当に「旨い!!、美味しい!!」と唸るような山形牛や米沢牛など、地元に居てもこれまで五十数年生きて来て、食した事はほんの数度しかありません。それも都内のお店ででした。
米も普通にスーパーから買ってます。

県外の方から、羨ましがられる名産で、唯一本当なのは、採れたてサクランボぐらいかな~。あとは、首都圏や県外で売られているものとあまり変わらないような気がします。

ブランド牛の米沢牛、山形牛の風評被害はもちろん心配ですが、こと私の場合、まずはそのブランド牛を毎日のように食べれるようになる身分になる方が先のようです。・・・。
もっとも、相変わらずダイエット中ですけどね。



Posted by バリューの親方 at 13:05