QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2011年10月10日

電気代実験1

 太陽光発電は、7年で元が取れる・・・。いやいや実際は10年近くかかる・・・。
いづれも7年や10年も前に設置した方々の実証済みのお話ではありません。あくまでも計算値です。
これでは、販売する側にも説得力と言うものがありません

 そこで、拙宅にもこの8月中旬、お客様が設置するであろう容量と同じ太陽光発電を設置し、毎日のようにモニターをチェックしています。拙宅のパネルは3.13kw/hという発電量のタイプです。パネルは15枚です。
それでも、いつもいつも3.13kw/hも発電してくれるわけではありません。

たぶん、実際に設置したらこの数値を出すのは不可能であろうと思います。あくまで、性能表示のようなもので、条件が良くて80%、普通なら70%程度の発電量が順当と言われています。とすると、拙宅の発電は、せいぜい1時間当たり2.4kwか2.1kw程度と言うことになります。それも晴天の春や秋の昼ごろのほんの一瞬です。

 ですから、いつも見ていると、朝方から0.3kwぐらいで発電をはじめ、昼は1.8kwあたりを入ったり来たりで、機嫌がいいと2kwを超えて来ます。
毎日帰宅してから、モニターの時間ごとの発電量を見て、「今日は稼いだな」とか、「全然駄目じゃ~ん」などと楽しみながら一喜一憂しています。

さて、完全な1ヶ月間の電気代請求と支払い書が届きました。9月の1か月分です。
拙宅では去年の9月の電気代は15,003万円程度でした。
さて、その結果は・・・・・・。

今年の9月の電気代は9,199円。その差は、5,804円。ざくっと2/3まで削減されています。これはオール電化による深夜電力契約や太陽光発電で賄った分が功を奏しています
そして、太陽光発電パネルが稼ぎ出した収入は・・・・・、なんと7,602円です。これは正確に言うと、太陽光発電して、それを自宅で消費し、さらに余った分を東北電力が買い取ってくれた分ですから、まさに純然たる「稼ぎ」ということになります。

差し引き、1ヶ月の電気代は1,597円ということになります。
総額150万円の先行投資はあるものの、電気代は約1/10です。驚異的と言えるのではないでしょうか。

ちなみに、私の家の屋根は真南ではなく、南東と南西に向いていますし、勾配もベストと言われる30度まではありません。よって若干条件が悪いのです。真南で、公売30度あれば、もう少し発電するのだと言いますから、うまくいくと、本当に電気代タダに限りなく近づくのかもしれません

拙宅の冬場は、灯油でのパネルヒーターで暖房していますが、これも電気式のヒートポンプに代えてみました。これまで、冬の灯油代は1ヶ月4~5万円ぐらいでした。これが電化にしてどれ位節減できるかが問題です。
次回は、これをリポートすることにします。



Posted by バリューの親方 at 19:41