QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2012年02月20日

さすが東根!!

 昔、天童、今、東根
これは、県内で人口が唯一伸びている市町村です。
東根は、5年間で1.3%増加しています。人口が減るのが当たり前の市町村人口で、1.3%とは言え、増加していると言うのは、土田市長の手腕によるところが多いと思います。

 私どものお客様も、当初は天童市内でのマイホームを計画しておられましたが、土地価格が割り安すな事と、ショッピングに便利な大型店やチェーン店が揃う東根市にマイホーム候補地を選ぶファミリーが後を絶ちません。なんとその数67%のお客様です。

私どものような小さな会社ですらそうなのですから、大手のハウスメーカーやハウスビルダーではもっと凄い数になっているのではないでしょうか。

さらに、それにドライブをかける施策と予算案が発表されました。
それは、他市町村から東根市に移住してマイホームを建てた場合、最大で40万円の補助金をプレゼントするというものです。

一定の条件を満たした場合、15万円、子育て世帯ならプラス5万円、中心部以外へ土地を求めたならプラス5万円、さらに東根市の業者に施行を依頼するとプラス15万円で合計40万円です。

 これは予算ベースなので、市の総予算は1000万円だそうですから、せいぜい30棟程度だろうとは思いますが、4人家族だとして、これで120人の人口増は望めるわけです。

それでも1年間で約0.3%程度の人口増ですから、たかだか1000万円の予算で、これまでの伸び率はこれだけでも十分維持できると言うわけです。
さらには、市内の不動産業者や建築会社も潤います

 じつはこの施策、東根が初めて行ったわけではありません。
寒河江市では昨年からこの補助金制度を導入し、爆発的な需要を生み出しまし、一気に予算が底をついたと報道がありました。寒河江はもっと大盤振る舞いで、他市町村からの流入ではなくてもOKというところが地元需要を伸ばしたようです。

昔、唯一人口を伸ばし続けていた天童はどうでしょう。
あまり危機感を持っていないようです。
何度も、市や市長に提言しているのですが、一向にやる気は見えませんし、トンチンカンな芳賀タウン構想を伝家の宝刀として、人口増を狙おうと言う魂胆です。

この構想うまくいけばいいのですが、あんな800万円を優に超えるような土地に家を建てられる子育てファミリーは天童市に、あるいは東根市にどれだけいるのでしょうか。

 30代の世帯年収は年々下がり続け、300万円台の割合が増加し、これが普通になりつつあります。その方々は、800万円を優に超えるような土地では、マイホームプランを立てることは不可能です。せいぜい買えても行700万円台がいいところです。

 天童市も過去の栄光にすがることなく、若い人口増に向けて、一刻も早く現実味を帯びた対応策を講ずべきだと思いますね。このまんまじゃ、東根に全部活力を持っていかれちゃ・・・。




< P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。
山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。
アパート脱出応援団のバリューハウスです。
もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。



Posted by バリューの親方 at 17:49