QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2012年06月09日

ギョーカイ

 東北の建築業界はすこぶる好況だと言われます。
確かに業界の会合や建築仲間に聞いても手が回らないぐらい忙しいと言っています。
私どもでも同様の状況です!!半分、負け惜しみですが・・・。
しかも、話を聞けば宮城に出稼ぎに行ってるのではなく、地元で忙しいと言うから結構なお話です。

そう言われて見れば、建築中の住宅がポツポツと散見されます。
どのぐらい増えてるのかな~と楽しみに持ち家着工棟数データを見てビックリ。
それは、4月のデータでした。

 そもそも山形は住宅が倒壊したわけでもなく、通常通りの建築需要ということですが、業界で言われているような好景気なら、対前年同月比で150%~200%は行ってるはず・・・。

実態は、対前年16%ダウンです。え~っというのが正直な感想です。4月と言えば雪が消え、一気に建築が始まる時期でもあります。でもこんだけダウン。

データの取り方によるのかも知れません。役所が建築棟数を把握できるとすれば、建築確認申請が出てきた数です。そうならば、4月に実際着工されているものは、大半が前月か前々月の棟数に勘定されてしかるべきです。そうであったにしても、16%のダウンは大きいです。しかも東北6県で減少は山形だけです。

片や宮城県はと言うと234%アップです。やっぱりね~、という結果です。
宮城県の同業の話を総合すると、現在家を建てているのはまだまだお金に余裕がある人たち。この人たちの家を新築するだけで、再来年までの仕事量は確保した、いやそこまでもう仕事は請けられないということです。

それでは、お金のめども土地のめどもたたず、今も仮設住宅に入っている方々はどうなるのでしょうか。
やっとめどがついても、建ててくれる業者がいないと言うことになりかねません。
しかも、実感値?では隣の県の山形も好況で宮城までは行けないと言っています。

なんとか、私どもが開発した「福幸の平屋」で窮地を脱していただけたらいいのですが・・・・。
いかんせん、隣県とは言えそのことを知らしめる方法が大変ではあります。








Posted by バリューの親方 at 06:02