QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2012年06月13日

またまたブータン

 以前ブータンのGNP(国民総生産)ならぬGNH(国民総幸福)を掲げた国づくりをしていると記しました。
そして素晴らしいとも記しました。ただ私は、どのようにしてそれを実践し国民に浸透させているのかと不思議に思っていました。できることならば、一度訪問して、実態はどうなのかも知りたいと思いました。

そうしていたら、なんとそのことが新聞に載っていました。
それは、超がつくほどすばらしいものでした。わが国と異なり、お題目と実態が伴うよう具体的な施策がとられていました。

 このブータン、20近い地域言語があるのだそうですが、なんと小学校から授業は国語を除き英語で行っているのだそうです。山奥でも小学校高学年ならほとんど英語で会話ができるというから驚きです。

英語を母国語にしていない国が、ここまで徹底して英語教育している例は聞いたことがありません。せめても世界の共通語程度は話せるようにという文化度の高さを感じます。

さらに、驚くべきことは、どうせ英語を学ぶなら、あるいはどうせ算数を学ぶなら、そこへGNHを盛り込もうといカリキュラムです。

 このGNHを教育に取り込んだのは2010年からと日は浅いながら、実際にGNHが浸透するように、子供の頃から刷り込んでいこうとするものです。反日を刷り込むお国とは随分な違いです。

仏教に基づく伝統的な価値観は、元々は週一回の道徳の授業で教えていたらしいのですが、今は全教科でGNP教育が実施されていると言うのです。しかも英語でですよ。

 たとえば、算数の授業では以前「牛4頭のうち2頭盗まれたら、何頭残るか」と尋ねていましたが、今は「牛4頭のうち2頭を思いやり深い娘に分けてあげたら何党残るか」となったそうです。

 学校長曰く「GNP教育は、幸せと感じる人を増やすのではない。実現したいのは①足るを知る生活のバランス ➁自国文化への理解 ③環境の保全だ。大国の狭間で独立を維持するには、国民の生活を守り安定させることが欠かせない」

 どいうです、どこかの国の首相や大臣、国会議員にも聞かせたいでしょ。
ブータンは大国中国とインドに挟まれた人口70万人の小さな国です。資源も乏しく、文化と幸福な国民が財産ということを最大の強みとし、これをブラッシュアップすることで、で一人一人の民度を高め、一歩も大国の侵略を許さない独立国家という意気込みが感じるではありませんか。

こういう国民の住まう国を、武力で侵略しようなどと大胆な考えを起こす国もないと思いますが、かたや金に物を言わせて事実上支配権を行使を得意とする国、かたや理数系立国で伸び盛りの国、その狭間で文化的人間立国での独立維持というのは、指導者の考え抜いた決断であるにせよ、その指導者のお人柄と人徳以外の何物でもないような気がします。

ブータンを見習うべきは、わが国である事だけは間違いないようですね。




< P R >

頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き新築一戸建てマイホーム。

山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。

アパート脱出応援団のバリューハウスです。

もちろん土地から中古住宅、賃貸まで不動産全般の業務に対応できます。











Posted by バリューの親方 at 06:04