QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2012年12月24日

気密


 昨日は断熱の話をしました。
実はそれには続きがあります。

 一昔前、寒さ厳しい北海道で、壁の断熱材を倍の厚さにし、そして窓を三枚ガラスにしました。
飛躍的に暖房費が下がったかというと、そうでもなかったそうです。

当時はエアコンなどの電気仕掛けではなく、灯油を使う直火の暖房でしたから、これを倍の大きさにもしてみたそうです。確かに、ストーブの周りは暖かくなりましたが、全体としては、さほど暖かさはかわらなかったそうです。

おかしいですね。断熱性能は倍以上になっているのに・・・・。

 究極の魔法瓶の家は、魔法瓶ですから真空層によって断熱されています。それより、フタで完全密閉されています・・・・。これがミソです。

住宅は瓶ではなく木製です。もちろん天然木ですから、乾燥が進めば暴れもでます。言ってみれば、隙間だらけということです。住宅が瓶なら窒息してしまいますね。

 暖気が窓や壁、天井、床から逃げていくのと同時に、それをうめるため、外気の冷たい空気が、コンセントやスイッチなどなど、どこからともなく家の中に進入して来ます。そうすればいつになっても暖かくならないということです。
一般の住宅では、限りなく住宅内の隙間を塞ぐことは可能ですが、ゼロは不可能に近いと思います。

故に、断熱性能を上げることも大切ですが、住宅の密閉性である気密性能を同時に上げていかないと理論が成立しません。

 この気密性能も比較のために「C値」という数値で表されます。
日本語で言うと「相当隙間面積」と呼ばれ、床面積1㎡あたりの住宅内の隙間面積を表す数値です。これももちろん値が小さいほうが、気密性能が高いということになります。

昨日のお話の「Q値」と異なり、設計時に机上計算式で導き出されるものではなく、実際に完成した住宅で機械を使って値を計測しますから、如実にその性能が現れます。
この気密性能を上げるには、手間や暇、さらにお金も掛かります

この「C値」という値は、実際に計測できるので、記録に挑戦しようと、北海道のハウスビルダーなどは、マニアックにしてストイックなほど、これを追い求めている方もおられます。

これも、費用対効果、予算との兼ね合いだと思います。
今時、いくらローコスト住宅花盛りとは言え、寒くて暮らせないような住宅を建築しているような工務店やハウスビルダーはいないと思います。

 断熱性能と気密性能を備えた住宅を「高断熱・高気密住宅」というのだそうですが、断熱性能、機密性能は値で表すことはできますが、いくつ以上を高断熱、高気密というのかの定義は定められていません。
故に、兼ね合いなのです。

誤解を恐れずに申し上げれば、差し詰め私どもが建築する住宅は、山形地方の住宅としてですが「高の中断熱、高の下気密」と言ったところではないかと思います。
それでも、費用対効果を考えれば、かなりいい線行ってると自負はしているのですが・・・・。




<お知らせ>
私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つローコスト・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。



Posted by バリューの親方 at 05:55