QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2013年11月03日

思い出の曲

 この頃は、テレビでも特番を組んでよく「懐かしい曲」を流していますね。
それもテーマ性を持たせて、年代だけで切らないのが面白い。
この年になると新しい歌はどうも苦手ですが、懐かしの歌というと話は別です。
曲が流れるとその当時の情景が浮かびます。

弾厚作
加山雄三の作曲者としての名前です。
その後ろに書いてある作詞家名「岩谷時子」
私は子供の頃から、どんな女性なんだろうと思っていました。

その詩の中の言葉ひとつひとつが洗練されています。
「風にふるえる 緑の草原・・・」 「風に揺れる」ではないところが、詩人ですね。
その岩谷さん、先ごろ他界されました。97歳だったそうです。

聞けば、もともとは越路吹雪さんのマネージャーだったそうで、決して作詞家のプロとしてのスタートではなかったとそうです。その類まれな感性を持ち合わせたのも奇跡ですが、それを引き出した越路さんも凄いですね。

以前、聞いた話では、最初にメロディができてしまっているケースも多々あり、それに後から詩をつけていくと言うこともままあったとのこと。加山雄三の曲にもいくつか、曲先行から生まれてた名曲もあるそうです。何よりも曲や歌い手の個性を一番にされたとも語られています。

それにしても訳詩、作詞の数々は、有名どころばかりですね。
「愛の賛歌」 「恋のバカンス」 「恋の季節」 「夜明けの歌」 そして加山雄三の「君といつまでも」 「お嫁においで」 「旅人」 「ぼくの妹に」etc・・・・。

さてさて、今度はカラオケで岩谷時子追悼「加山雄三」全曲リクエストでもやりますかね。
実は、年齢を問わず、ヨットをやっている方々には、加山雄三ファンが結構いるんですよ。(笑)
ちなみに私は、加山雄三の曲なら、メドレーでも何でも歌えます・・・。










<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。



Posted by バリューの親方 at 06:04