QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2014年02月01日

またまた続伸

 2013年の住宅着工数は、鰻上り。
98万戸を突破しました。いやはや凄い伸びです。
対前年でも11%増と二桁伸びは、3%消費税導入前の記録的な伸び以来です。

業界ではこの吹き返しが来るのではと戦々恐々としている反面、職人不足と資材高騰で思惑通りに施行できないことで頭を悩ましています。
ましてや、ここへ来て公共事業の大量発注と役所もどうかしています。職人不足にドライブをかけるような行為です。

この棟数の激増は、景気の高揚感消費税前の駆け込み金利の先高感などが複雑に購買意識に働きかけたのだと思います。
金利の先高感は、否めない事実ですが、消費税前の駆け込みは、すでに何度もお話ししているように、あまり意味がありません。すまい給付金や住宅ローン控除などを勘案すると、ほとんど現状と変わらない総予算となるでしょう。

特に、私どものお客様で多い年収300万円台の方々は最高額の住まい給付金を貰えますし、所得税の控除や住民税の控除などを合わせると、もしかすると消費税導入後の方がお得なケースもあります。

高い住宅を買う方々は注意が必要です。住宅の値段が高くとも安くとも給付額は同じですし、逆に年収が高いと給付額も少なくなります。

これを考えると、年収が300万円程度の方が、割安な住宅を建築する方が、有利というわけです。
実際、国交省のコメントでは、消費税導入後は、本年と横並びか若干下がる程度の着工棟数と予測しているようです。

それよりも当初の出費より、ローン終了までの総支出額を考えるべきです。
住宅ローンは金利がつき、借りた金額の1.5倍から2倍ものお金を銀行に払うことになります。
よって、金利の上がり下がりには敏感になるべきであると思います。

日銀も政府も伸るか反るか景気回復策を続行するときに、いきなり金利が上昇するような施策は控えるとは思いますが、アベノミクスは最終的に金利が上がっていかないとロジックが組み立たない仕組みになっています。

4月からすぐにということは考えにくいですが、徐々に金利は上昇していくことが予測されます。
さらに、時間が経てば経つほど10%消費税のリスクも近づき、その間賃貸家賃も支払い続ける無駄も発生してしまいます。

それでは買うのはいつなのか、「今でしょ!」とは言いません。
消費税が上がった4月以降で、なるべく早い時期というのが答えです。
ただし、注文住宅の場合は、「早め」が肝要です。資材が高騰し、さらに現物が市場から消えつつあります。
資材高騰分を承諾して、いくら契約しても、工期が長く取られるのでは、その間の家賃分筒が損します。

4月以降のタイミングが大切と言うことです。
私どもはコムコミで定価が決まってしまっており、資材が値上がりしたからと言って、お客様にその分を負担していただくわけには行きません。一層の努力が必要になりそうです。









<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。



Posted by バリューの親方 at 15:23