QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2014年02月02日

超高断熱、超高気密

 高断熱、高気密と言う言葉はすでに市民権を得ました。
雪国で盆地の山形にとっては冬暖かく、夏涼しいという住宅は必須条件です。
ちょっと気の利いた工務店レベルでも、今は高断熱、高気密ができるような建材も豊富に出回っています。

ただし、その建材を常にマニュアルどおりに施行できるかどうかの方が問題です。
非常に手間隙がかかります。建築施行にに完全などと言うことはタブーですが、この断熱や気密は徹底的に完全を目指さないと、計算した断熱性能が確保されませんし、気密性能も同様です。

このため、これらの断熱や気密は突き詰めれば突き詰めるほどキリがなくなり、「マニアック」な世界にまで入り込み、事業と性能が両立せず自滅する会社も多いと聞きます。
何事も中庸が大切と言うことなのでしょう。

この高気密、高断熱の総本山は北海道です。しかも帯広は本山中の本山と言われ、日本の2×4工法の古里でもあります。
私は毎年、寒い時期を選んで断熱と気密の勉強会に北海道へ行っています。
北海道の高気密、高断熱の住宅は「北方型住宅」という一つのブランドにもなっています。

住宅は、北海道を第一地区とし地域ごとに第二地区、第三地区気温に合わせて、断熱性能をクリアしなければならないルールになっています。
ちなみに山形は第二地区と第三地区が混在しています。山形県内でも雪が深いエリアは第2地区になっています。青森と同じ断熱性能が要求されます。

第一地区である北海道、札幌市では国のクリア基準を最低限レベルとした「札幌基準」という独自の断熱、気密性能のランク付けを行っています。最高位は「トップランナー」と呼ばれ、ゴールドメダルが授与され、これを住宅の入り口に貼る事を許されています。中古住宅となってもほとんど値段が下がらないなどと言われています。

その栄えある「トップランナー」の認定を受けた住宅を見学できると言うので、北海道へ行ってきました。

壁の厚みは何と44センチです。そこへ種類の違う断熱材がビッシリと積層されています。外気温がマイナス20度になっても無暖房で生活できるレベルだそうです。まさに超高断熱、超高気密
44センチと言えば、私どもの建物の4倍の壁厚です。さらに窓は三枚のトリプルガラスです。せいぜい山形は二枚のペアガラスの窓程度です。

地域が2ランクも違う気温のエリアの家をそのまま山形へ持ってくる必要性は感じませんでしたが、気密や断熱はここまでやれば最高レベルなのだということが分かっただけでも収穫でした。
聞くところによれば、ドイツの基準値はもっともっと上だそうです。壁厚が60センチなんて言ってました。

私どもは性能のいい住宅を割安に建てるノウハウを有しています。ここへ北海道では普通レベルの断熱性能と機密性能を付加したらどうだろうと考えています。

全てが今の延長線上でできることばかりですし、原価はさほど上がらないでしょう。それを売価に反映させても、150万円程度のアップで済みます。コミコミ1500万円パックが1650万円になる程度です。

これはやってみる価値はありそうです。
こういうの考え始めると、わくわくして眠れなくなってしまうんですよね。
しばらく睡眠不足が続きそうです。







<お知らせ>

私どもは、アパート住まいの子育てファミリー向けた、何から何までコミコミで1,350万円で建つロープライス・コンパクト住宅の専門店です。
頭金なし、ボーナス払いなし、月々家賃並みの支払いで、「家持ち資産家」の夢を実現いたします。
山形市を始め、天童、寒河江、河北、東根、村山、尾花沢、新庄へ至るまでの地域でお建ていたします。



Posted by バリューの親方 at 06:00