QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年04月24日

伏流第二の不況

 昨日は庄内からの戻りに月山越えをしたら、何と雪!!
交通標識や看板は雪でカバーされてしまい見えないぐらい。ノーマルタイヤに替えてしまっているので、ヒヤヒヤでした。そして、内陸に来たら、何とピーカンで、さらに今日は暑いぐらいです。

何かおかしいですね。地球が悲鳴を上げているのかもしれません。
2日間の日程でしたが、沢山の業種の方にお会いしてお話を聞きました。どちらも景気のいいお話はありませんでした。ただ、どうも心配事の根源に同じものを感じました。

第一の不況であるアメリカ発の世界恐慌はそれとして、「風が吹けば、桶屋が・・・」といった不思議な感じの連鎖なのです。

最上川の船下りは、水が年々少なくなってきて、船が下れなくなる。
バス会社は桜が早く咲きすぎて、ツアーがキャンセルになった。
庄内米の名産地農家は鳥海山の清らかな水が少なくて米作りが心配。
建設業者は除雪作業がなくて売上目標が達成できない。
名物の庄内牡蠣で漁業を営む者は、鳥海山の伏流水が少なく夏場の牡蠣漁が心配。

そうです。温暖化の影響で雪が激減し、その雪解け水も同時に少なくなって、各方面に深刻な影響を与えています。1次産業から始まり順に3次産業へと波及しています。

でも、その方々に聞いてみました。
「ところで、皆さんは環境に配慮した取り組みをされていますか?」
みんなダンマリでした。
これも対策を講じない政府や県が悪いと言ってしまえば、それまでなのでしょうか。どうも近視眼的な見方のような気がしてなりません。

この第ニの不況は、必ず第三の不況に連鎖します。それも第一の不況と相乗効果を発揮することすら考えられます。
今のうちに手立てを考えておかないと、我々のようなマイクロ企業までは、公的資金注入なんてことはありえないでしょうから・・・・。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp



Posted by バリューの親方 at 14:21