QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年07月26日

標準仕様の変化 その2

 さて、この話題の長期優良住宅は、政府が主導して行っている事業のため、これに認定された建物であれば、住宅ローン減税の増額や特別金利の適用、その他減税の優遇措置が受けられる優良株です。

ただ、これをクリアするためには、国が定めた劣化対策等級、耐震等級、維持管理等級、高齢者対策等級、省エネ等級など数々の難関を突破しなければなりません。
提出する図面や書類は少なく見積もっても現状の5倍以上に膨れ上がります。設計士泣かせと言うわけです。

大手ハウスメーカーは、建物や仕様に金を掛けるだけ掛けていますから、何も手を加えなくても全て「長期優良住宅」の基準を満たしていますし、自社内に研究所があり、そこでどんどん実験や研究が出来ますが、地場の工務店ではそうは行きません。

私どもでも、やっとこさ「長期優良住宅」の各基準をクリアできるようになりました。ただ、お客さんにお売りする価格を一気に100万円上げないと、商売としては成り立たなくなる状態です。

 お客様が望むのであれば、もちろん「200年ももつ?」認定基準に対応するまで、全ての仕様を上げますが、それには、お買いになるお客様もその後のメリットをお考えいただき、それ相応のご負担をいただかねばなりません。

 いずれにしても、この「長期優良住宅」の認定基準が、日本の住宅のスタンダードになる日が来るのでしょうから、その流れには逆らえません。

 大切なことは、お求めになるお客様の関心事がそこへシフトしてきたのでしょうから、企業の大小に関わらず、敏感に対応すべき時なのでしょうね。
「職人の石頭」なんて言ってる場合じゃありません。「経営者の豆腐頭」が大切なのでしょう。




              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp



Posted by バリューの親方 at 12:00