QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年12月14日

でふれ?

 「デフレ」と書くといかにもデフレーションという感じがするので「でふれ」です。

デフレは通貨や物価がかかわる経済現象ですが、良品廉価が売り上げを伸ばす世並とはちょっと異なると思います。

ユニクロしかりニトリしかり、牛丼のチェーン店やマクドナルドの値下げに1円パチンコ等々、低価格のみを追求したものではなく、あくまでバリュープライス、価格対品質、費用対効果を追求した戦略商品・サービスの取り組みといえます。これはそれぞれの会社の仕組みによって生み出された価格ですから、単なる安売りではありません。

いかがでしょうか。
このごろ、いわゆる上代、正価、定価、メーカー希望小売価格などでモノを買った記憶がありますでしょうか?
タバコやはがき、切手といった元々国で経営していたようなものや、新刊の書物や雑誌、新聞などの印刷物以外にはなかなか思い出せません。

特に衣食住にかかわる商品やサービスは、どれが本当の値段だか分からなくなっています。本当という概念は、正解があってですから正価、定価がなければ、本当の値段という概念もなくなるわけです。

つまりは、もともとの相場がなくなってきたということなのでしょう。
欲しいと思う価格がすなわちその商品やサービスの相場価格ということになり、本来の需要と供給の関係というか、資本主義の原点に返りつつあるのかも知れません。

モノを買う方にとっては、ありがたい限りですが、原材料費や仕入価格、人件費までもが変わらないとすると、売る側は大変です。
もっともそれで数ある会社が淘汰されていけば、他社のお客まで取れるようになるのですから、廉価多売のメリットは生まれる可能性はあります。でもそれでは、国内には大手の会社しかなくなってしまいますが・・・。

ただ、この頃感じますことは、現状のままの性能やスペックで価格だけを下げていけば、利益を削ることになり、会社運営が難しくなりますが、いらないような機能や過剰なサービスが多くあるものが多々あります。
売る側からの目線で設定されたものでも、買う側からはそこまでは必要としてないものって沢山ありますよね。

そういうものを削って、廉価にするのは「あり」だと思うんです。
私は携帯でメールはほとんどしませんから、使う機能は電話番号帳と通話ぐらいです。あれだけ沢山書いてある「取り説」の機能は、たぶん永久に使わないでしょう。デジカメもそうです。ストロボと撮影しか使いません。

私どもの家もそうです。太陽光発電やエコキュート、IHクッキングヒーター、蓄熱暖房機、床暖房、大きな吹き抜け、浴室テレビなどはついていませんし、延べ床面積も40坪もありません。

でも、普通に住むのであれば必要十分だと思うのです。いや、そうお客様たちがおっしゃいます。
そういう設備、広さも30坪の3LDKなので987万円で建てられるのです。
それでいて潤沢とは言えませんが、ちゃんと企業を運営できる程度の利潤は頂いています。
これは、物価下落でもデフレのせいでもないと思うのです。

これまで通りでは、なかなか思っていた常識が通じないのが今です。企業側の勝手な思い込みだったのかもしれません。
2010年は、まさに全てのものが新たな局面を迎える年回りだそうです。
私どもはもちろんのこと、住宅業界もうかうかしていられません。これまで建ててくださったお客様のためにも、会社がなくなるなんてことは、万が一つにでもあってはならないことなのですから。

 それにしても、この頃の海外旅行の値崩れって信じられないと思いませんか?
アジア圏ならホテル、飛行、食事、観光までついて19,800円なんていうツアーはごろごろあります。
いったい今までの価格はなんだったの?だいたいにして、この値段で、航空燃料代にすらならないんじゃないかと、そのカラクリが気になるところですよねぇ。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp




Posted by バリューの親方 at 00:09