QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年12月24日

お客さま目線

 よく店舗経営のマーチャンダイジングをやっていると、次のような逸話が話題になります。

 お母さんと小さな男の子が、クリスマスシーズン真っ盛りの繁華街にやって来ました。街角の百貨店のショーウィンドーには、子供を夢中にするおもちゃのディスプレーが一杯です。子供を驚かせようと目をつぶらせて、ショーウィンドーの前へ連れて行きました。
「さあ、目を開けてご覧。すてきでしょ。サンタさんにどれをお願いする?」
「・・・・・・」
「こんなに沢山だと迷っちゃう?」
「・・・・・・」
「どうしたの?遠慮しなくていいのよ」
「ママ、ショーウィンドーが高すぎて、僕には何にも見えないんだよ・・・」

笑い話のようですが、文字通り「お客さま目線」の違いデス。
売り手側の都合で、売り手側の勘違い、売り手側の独りよがり、しかも押し付けがましく・・・。こんなことって、売り手側が気がつかないだけで、世の中沢山あります。

 先日、秋田に出張した折、5階から1階に降りて、和風レストランでバイキングスタイルの和朝食を頂きました。
コーヒーを飲みながら、ゆっくり新聞でも飲みたいけど、新聞は部屋だし、コーヒーはここだし・・・・。なかなかうまく行かないものです。ロビーで缶コーヒーでも買って、部屋に戻ろうとレストランを出ようとしたとき、一番端にすてきなPOPがありました。そこに書いてあったのは・・・・
「お部屋でコーヒーをお飲みになりたいお客様は、このカップをお使いください」

浅いカップ&ソーサーではなく、持ち歩いてもこぼれにくい深めのマグカップがおいてありました。
なんて心憎いサービスなのでしょう。脱帽!!
ほんの小さな心配りです。でも私は、秋田に出張する機会があれば、生涯このホテルを利用しようと思いました。
そのホテルの名前は「アルバートホテル」と言います。

ここまで心配りがあるなら、他にも色々なサービスがあるのだろうと探してみました。ある、ある、ある、ある、心憎いサービスのデパートです。
各階のエレベーターホールに、肩楽枕、羽枕、ドルミーピローなどが多数展示されていて、無料で貸し出されています。

そのほか、めがね洗浄器、加湿器、空気清浄機、血圧計、マッサージャー、自動靴磨き器、携帯電話充電器などが無料貸し出し、1泊1,000円のレンタルパソコンまであります。
お部屋には、消臭スプレー、ズボンプレッサー、洗濯物用バスルームハンガーが備え付けられています。

ビジネスホテルは「眠る空間」という定義を「自分の家にいるようにリラックスし、仕事で疲れた自分の元気を取り戻すリセット空間」と完全にお客さま目線で解釈されているのでしょうね。

私どもも「住まいを提供する」と言う「建築屋」の定義を、このホテルを見習ってどんどん解釈を変えていこうと思います。


何の変哲もないマグカップですが、心憎いサービスです。





              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp



Posted by バリューの親方 at 00:53