QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
バリューの親方
バリューの親方
私は天童に住んでいますが、出身は酒田です。
で、どんなオヤジだかと言うと・・・・
こんなオヤジなんです。詳しくは、http://www.value-c.jp/outline.html

2009年07月14日

窮鼠猫を咬む

 メンタルセラピストの溝口先生のお話を聞く機会がありました。
著書は何度も拝読しましたが、謦咳に接するのは初めてでした。
講演開始の1時間も前に着いてしまうほど、わくわくしていました。

心理学やバイオリズムを元にした興味深いお話でした。
そのお話の中に「超意識」というキーワードが出てきました。潜在意識とは異なります。この「超意識」、科学的には解釈できませんが、簡単に言うと、どうも火事場の馬鹿力のことのようです。諺にもあります。「窮鼠猫を咬む」「背水の陣」etc.

その力を自在にコントロールできる者こそが、成功者になり得る。
では、どういう時に、その「超意識」は出てくるのか、それは「危機的状況や絶体絶命の追い詰められたとき」だそうです。でもそんな状況、おいそれとあっては大変です。ではどうすれば・・・・

先生は続けました。
自分自身を故意的に極限まで追い込めばいい。追い込むのは自分自身だから、自分自身でコントロールできるのだと。
ナルホド・・・・・・ですね。

理論的には十分わかりました。あとはそれをやるのか、やらないのかの違いというわけです。
誰だって、自分がかわいい。あえて自らを追い詰めることなどしたくはない。
でも、それなら普通の生活を普通にして、80年で人生終わりですよね。

 私などは10人も社員を抱えて、自分で追い込まなくても毎日追い込まれていると言うのに・・・。
「超意識」様が御出現いただくまでは、まだまだ追い込みが足りないと言うことなのでしょうね。倒産の危機に瀕した時に「超意識」が発揮されたのでは、ちょっと遅すぎる気もします。

 平時の時にこそ、追い込んで追い込んで、潜在意識のもっと深いところにある「超意識」とお目にかかりたいものです。
「超意識」でもなかったら、ワールドベースボールクラッシックのイチローのあのホームランはなかったでしょうから・・・・。彼もまた「超意識」を自在にコントロールできる一人なのかもしれませんね。




              < P R >
頭金ゼロ、ボーナス払いゼロ、月々家賃並みの返済で、20代からの土地付き一戸建てマイホーム。山形県内の山形市、天童市、東根市、寒河江市で、夢実現のお手伝い。バリュー・クリエーションです。
http://www.value-c.jp

  


Posted by バリューの親方 at 12:30